ドラクエを奏でよう

あとの人生はオマケみたいなもんだよ

ブログ論

デジ絵の練習中。

f:id:hukusyu:20180910204302p:plain

(目を塗ってなかったり髪がベタ塗りだったりするのは、まだ制作途中だからだよ!


頓挫しないように自分を追い込むために、こうして過程を少し載せてみようw
こうすれば、嫌でも完成させざるをえなくなる…はず!

2週間くらい前から始めて、時間が取れる日だけ1・2時間ずつちまちまやっているけど、一向に進まない(´_ゝ`)
線がガタガタで汚いなぁ…紙以外にはまともに描いたことがないからしょうがないよね。
このペースで行ったら完成は半年後かな、それとも1年後かな!(´-`).。oO


少し前にフレの子がブログを始めたんだけど、はてブロでした。
流行り出したのか、彼女の周りの人々も同時期にブログを始めて、なんか揃いも揃ってはてブロだったので…((((;゚Д゚))))

はてブロ、DQ10ブログの土台としてはあんまりオススメしないっすwww
はてなって、なんか独特な変な空気があるんで…。
多分もっと他に、DQ10ブログを書きやすいサービスはあるはずです。はてなよりももっと。
(彼女たちには彼女たちの理由があってはてなを選んだのだろうから、もちろん否定はしませんが(´ー`;)


互助ありき!だったり、集客に躍起になってたり、いつかは俺もブログ飯!みたいな人が多いです。
あと、変な選民思想っていうのかな…。
はてなにはIQ高い人が集まりやすい、とか言われているらしくて。←真偽は知りませんよ、ただの噂です←こういうのを真に受けていそうな感じの人が多い、ということです。

当然ながら、全員がそうとは言わないけどね!


ブックマークとかスターとか、今設定外してきた。
こういうのがあるから良くないんだ。
あると気にするもんね。なくしてしまおう。(`・ω・´)スッキリ


1週間くらい前に、自分が読者になっていた数々のブログの読者登録を解除しました。
ほとんどが、互助だったんだもの。
旧ブログ時代とか、ここでDQ11のことを書いていた頃に少し読者が増えて、「ありがとねー」的なお礼の意味合いで読者になっといたっていう。(THE・互助

その人たちと、別に交流があるわけでもないし。
その人たちがここを見に来ている形跡もないし。
自分からその人たちのブログを見に行くわけでもないし。(ほとんどが全然まったく興味のないジャンルのブログ、通信教育だの健康法だの


そんなワケの分かんない互助、無意味だな。
と思ったんで、バッサリ外しました。
「あっ自分外されてる!」と思われた方がもしいらっしゃれば、ここに対する読者登録も解除してくださって結構ですよ。
読者数なんか、0でいいです。

つーか、この読者数も非表示にしたいくらいなんだけど。本当は。
かなり昔に読者数を表示させないやり方を調べたことがあったんだけど、よく分かんなかったのでそのまま放置されています。


Twitterのフォローも少し整理しました。
ドラテン内でもエアな方々を少し整理したので、そこら辺でフォローしていた人と、あとはちょっとアレな感じの人(TLに流れてくるつぶやきが気持ち悪い感じの…)を少々。

意味不明な互助が減って、スッキリサッパリです。
本当はもっと、バッサリいきたいところなのですが。
本気でやったらフレンドは50人以下になるし、フォロー数なんて5人も残るか残らないかくらいなんじゃないか?w


=============================================

はてブロ歴は何だかんだで数年になるのだが、その間ずっと読者で居続けている人が1人だけいる。


フミコフミオさん。

delete-all.hatenablog.com


ある検索結果でたどり着いたのがフミコさんのブログだったのだが、文章がめちゃくちゃ上手。
かつ、面白い。


フミコさんは長年に渡り文章を書き続けていらっしゃるので、何というか、その筋のプロである。

ブログ飯を食っている訳ではなく普通の会社員なので、プロと言うよりはセミプロなのだが、実際には書き手を本業としても充分にやっていけるほど、そちら方面の仕事の依頼も舞い込んでくるようなお方である。

でも氏は筆業で儲ける気はないらしい。
はてなPRO(という、広告を貼れる有料サービス)を利用中なのに、広告っ気が全然ない。
「広告を表示させたくないから有料サービスに金を払い続けている」とか言うくらいである。
そこら辺の姿勢がまた、良い。


フミコさんがお勤めされていた元の会社の上司(故人)がこれまたブッ飛んだ人で、以前はその「部長」の珍プレーっぷりを楽しむ風情なブログであった。
「部長」に関しては本も出版されているようなので、いかに人気のあったコンテンツかということが分かる。

他には奥様との不妊治療の日々を綴った話、「部長」と過ごしたブラック企業を退職し無職になり転職活動に励んだ話、ブラック起業を抜け出しホワイト企業で責任者として改革に追われている話(←今ココ)など。


フミコさんの書く文章は、いつも皮肉で溢れている。
皮肉、愚痴、ブラックユーモア、風刺に批判。

見ているとどこか、共感できる部分がたくさんある。


私もこうしていつも、愚痴をぐちぐち垂れ流しているし。
変な話だけど、「似ている部分があるな」と勝手に親近感を覚えたりする。
(実情としては月とスッポン以上、銀河系とゾウリムシくらい開きがあるけれども…(^ω^;)


そしてフミコさん、めっちゃ根暗。
超根暗。

それにはそれなりに理由があるようで、これまでの氏の文から推察するに、彼の父親が自殺で亡くなっている、という点が一番深い根を張っているような気がする。
(本人も、時折その件をブログに書かれている。


でも文章から分かる通り、フミコさんはとても賢い。
「お勉強ができる」的な意味の賢いではなくて、「頭の回転が速い」。
(いやでも事実、頭も良い。確かかなりいい学校の出身だった…はず??

そこは本人も自覚しているようで、ちょっと誰かを小馬鹿にしたようにと言うのか、出来の悪い小学児童を引率する先生のような目で眺めつつ彼らを風刺したりとか、そんな部分もある。


そこがまた良い。
実態が伴っているから、良いのだ。
嫌味たっぷりなんだけど、そのくらい言う権利があるほどフミコさんは実際に頭が良く、素人に「そう言うお前は何様なんだよっ!」と言わせない空気がある。


真に賢い人と、自分に自信がある人は、大好きだ。

そして皮肉屋さんも、大好きだ。

本当の皮肉ってのは、頭が良くないと言えないと思うんだな。
実態が伴ってないのに皮肉を言えば、それはただの「負け惜しみ」か「言い訳」にしかならない気がする。


自分となんか似ている部分がある、と思いつつも、フミコさんにあって私にないのは、まとめる能力なんだな。
氏のブログは、いつも最後に執筆の所要時間が書いてあるのだけど、超速筆。
そこに推敲時間が含まれるのか否か、そもそも推敲などするのかどうかも不明だけど、いつも短時間で書く割に内容が端的にまとまっていて、オモシロポイントもねじ込んであったりとかして、よくこの数行で表現できるな、と感心してしまう。
(オモシロポイントはない場合もある。ひたすらに真面目なだけの文章も書く人である。


漏れなくずっとチェックし続けている、という訳でもないのだけど、更新情報に気付いたら見に行くようにしている。
私がブックマークするのなんて、フミコさんのブログくらいだな。

琴線に触れたらTwitterにも流しているので、数少ない私のフォロワーさん達は、今後もTwitterで見かけることがあるかもしれないw


=============================================

いろんな人のドラテンのブログを見るようになったのなんて本当に最近だし、積極的に見に行くわけでもなく「TLに流れて来たら」とかそんなウケミン姿勢なのだが、どのブロガーさんもほぼ必ず一度は書いている内容がある、ってことに比較的最近気が付いた。


自分がなぜブログを書くのか

何のためにこれを書いているのか

その存在意義(どういった人に向けて?どう役に立つ?)


それなりの期間に渡り継続されているブログでは、どこも必ずと言っていいほど、この「書き手の迷い」みたいなものに対する所見が書かれていた。
どれほどの有名ブロガーでも、である。


こちらからすれば「そんなに集客力があるのに?なぜそんなことを考える必要がある?」と思ってしまいそうなものだが、そんな風に「雲の上の存在」や「芸能人みたいな人々」ですら、そうやって自信がなかったりもするんだな、などと感じ少しだけホッとする。

皆、悩むところは一緒だった。
雲の上の神も、手が届かない芸能人も、同じ人間だった。


…自分について言えば、↑に書いたような3つの問いかけに対するものは過去にもう書いてしまっているので、改めて書くことはしないけど、言うなれば完全に自分のためである。
誰のためにも書いてはいない。ただの自己満足。
(だからこそ、読者なんて0人でいいとか誰も見ないでくれとかそういう発言が出るw

それでもこんなものを見てくれる皆さん、本当にありがとうございます。
誰のためでもない自己満足の世界なんだけど、それでもそういうほんの数人の読者(『読者登録ボタン』ではない、本当の読者)の存在を意識しながら毎度書いています。これでも一応、ね。


また足を運んでもらえたら嬉しいです。