ドラクエを奏でよう

あとの人生はオマケみたいなもんだよ

フレ切り ~後編~

「関わる理由がない」に起因するフレ切りについて前回書きました。
今日はその続き、「関わりたくない」から切る、について。


・直接PT組まずとも不愉快になる要素があるから(書き置き、日誌等)
・ケンカしたから、嫌いになったから


関わりたくない=相手に対してマイナスに感じる要素があるから切る、ってことなのだけど、相手と絡むことがあるのか否か(エアな関係なのかどうか)によってこのいずれかになるのかな。
エアフレなら前者、そうでないなら後者。

定期的なエアフレ整理以外でエア=空気な存在の相手をわざわざ切りに行く理由があるとすれば、何か「切りたい」と思わせる行動があったからなのだろう。
エア、つまり絡まない相手にそれを感じさせる行動と言えば、文字情報の発信なのだろうなと思う。


エアな人から切られた時に、そのタイミングが自分が日誌を書いた後だったため、「あの内容が気に食わなかったんだろうな」と思ったことがある。

「やりたいことが多すぎて時間が全然足りない!
 毎日楽しい!
 皆いつも遊んでくれてありがとう!」

そんな内容だった。


そのエアな相手は、いつも独りでいることが多かった。

きっと、癪に障ったんだろうな。


誰かが「あれ出来た!これ出来た!嬉しい!楽しい!やったー!」と発信したとき、それに対して素直に「おめでとう!良かったねー」と喜ぶことが出来る人って、意外と少ない。
それが出来るのはうわべ上のつながりではない本当の友達か、自分がその内容を既に経験済みの人くらいだ。


ボスに勝てた!嬉しい!

case.1
おめでとう!良かったね~(俺もそれ先日討伐したよ!

case.2
ふーん、で?(俺まだ勝ててないけど…それお前も知っとるやん…自慢かよ


もちろん、全員が全員、こんな風にひねくれているとは言わない。
ただ、こういう人「も」、割と多い。
自分の話ではない、あくまで一般論である。


もう3ヶ月以上もずっと音沙汰のない私の大事な友人(ケガか病気か、何か不慮の事故的なものに巻き込まれたんではと心配している)が、「いつもこちらから誘うばかりなのでたまには誘ってくれ!」と伝えた相手からこんな風に言われたと言っていた。

「いつも誰かと組んでるし、別に俺が誘わなくても毎日充実してそう」
「何も悩みがなさそうで羨ましい」


その子(言われた側の、私のフレ)が実際には陰ながらどれほど努力しているか、充実しているようにどれだけ振る舞っているか、本当はいつも悩みを抱えていて落ち込んだり泣いたりしている姿、私は知っている。
でも周りから見たら、きっとそんな側面はまったく映らないのだろう。


“いつも楽しそうでいいね”
“能天気そうで羨ましい”


本人にしか分からない苦労がある。

隣の芝生は、いつも青い。


かつて私も、こんな風に言われたことがある。

「どこがボッチなんだよ!全然ボッチちゃうやんw」
「ティア充め」
「ショコさんが9サバにいるときは私と遊びたくないのかなって思ってました、9サバの居心地が良かったのはそのせいもあるかもですね!」

他にも、友達が多そう、だの人気者、だの。


言っておくが、ティア充はこんな根暗ブログはまず絶対に書かないだろうし、友達が多そうな割には新旧キャラいずれとも100人を超えたことが一度もない。
人気者そうに見える割には、人から誘われることなどまずないw
ボッチについては、好き好んでボッチでいることもあるけどね…。それはきっと誰しもそうだろう。

「9サバにいるときは…」ってやつはさすがにあれだったんで、「私には遊びたくないと思うようなフレは1人もいないよ、そんな相手ならそもそもフレでいないよ。◯◯さんが同じことを言われたら嬉しいかな?」と返したら、数時間後にそのコメントは削除されていた。(旧キャラ時代に私の日誌に書き込まれたコメントである)


周りからどんな風に見られていたとしても、私の本心や取った行動の本当の理由など、「周りの人」には分かり得ない領域があるのだ。



書き置きが気に食わなくて切る、という行為について。

書き置きは普段真っ白のままにしておくことが多く、フレ達へのお礼や何かの報告をする時くらいしか変更しない。
たいてい、書いても1日か2日くらいで消してしまうことが多い。


その時は、視力の悪さから来る肩凝りに数週間悩まされ続けており、肩凝り→腕のだるさ→指のしびれ→気分悪くなる→頭痛、ときたもので、「ついに頭痛…休眼日します」とかそんなことを書いた。
翌日の昼に見たフレリストから、1人が減っていた。

「ああもしかして、構ってチャンと思われたのかな」と解釈した。
その数日前にも「肩凝りがひどすぎて死ぬ」みたいなことを書いていた。


私が実際に構ってチャンであるのかどうかはともかく、「体調悪い」「仕事が忙しい」「悩んでます、病んでます」的な書き置きは、=構ってチャンと認識されやすいであろうことは確かだ。


一度だけ、書き置きがちょっとアレなんで切ったエアな方がいる。
主が病んだため解散されたルームのルムメンだったが、1日に2~3回のハイペースで書き置きを更新する。
その内訳は、「リアルが忙しい・夜勤がつらい報告」5割、「こんな変則構成で常闇4倒せました報告」2割、「誰々さん(名指し)ありがとー!」2割、「仕事つらいけどフレの皆のおかげで元気出た^^」1割。

…うん。
何も悪いことは書いてない。きっと書いてない。
うんうん。おめでとう。


…なんだけど。

ごめんね。
エアな私にとっては…どうでも良すぎた…(´Д`;)

名指しの書き置きも…その相手とのフレチャ並みのやり取りも…あのハイペースな更新っぷりで見せられ続けるのが、ちょっときつかった。


そして物凄い偏見だが、そのキャラがどうにも苦手な種族×性別の組合せだったんで、もう余計に受け付けなかった。
エアな相手だったこともあり、申し訳ないが切らせていただいた。
たった1人、新旧キャラ通して唯一の、「書き置きを理由に切ったフレ」である。


書き置きって気軽なんだけど、内容には本当に気を付けなければならない。
字数制限があるからこそ余計に、下手すれば誤解を招くだけの表現にもなりかねないし。

文字情報を発信するのは恨みを買うことにもつながりかねない、って昔どっかで書いたんだけど(今封印中の記事かも)、自ら何かを発信するというのは怖いことだなあとつくづく思う。



さて、ここまでが前者の「直接PT組まずとも不愉快になる要素があるから(書き置き、日誌等)」で、残るは「ケンカしたから、嫌いになったから」である。

前回書いた「関わる理由がない」はいずれもエアフレ、そして前述の「書き置き・日誌等」もエアフレ。
ここだけが唯一の、「絡みがある相手を切る」行為。


要は、「感情でフレを切る人」。


自分から感情で切ったフレは、今までいない。
(厳密には微妙なのが1人いるので、1回とはみなさずに0.5回とでもカウントしておこう。

割と喧嘩っ早い性格だし、口も悪く、仲良くなりすぎるとついエスカレートして言いたい放題言ってしまうので、人とトラブルになることがたまにあるのだが、それでも常に「話し合えばどこかに解決の糸口がある」と思ってしまうタチなので、人間関係で揉め事が起こったからと言って「お前ムカつく!もう嫌い!死ね!ポチー」みたいに感情だけで切るということは、まずしない。

「人と真剣に向き合い過ぎw」と馬鹿にされたんだけど、どうしても広く浅くの付き合いが出来ないのだ。
狭く深く、数人の仲良い人たちとのみ、割と奥まで入り込んだ関係を築いてしまう方である。


でもたぶん、こんな私みたいな考えの人は少数派だ。
大多数の人は広く浅く、パッと感覚的に合ったらフレなればいいし、嫌いになったらその場で切ればいいし。
そんな感覚で続けている人の方が多いんだろうし、きっとそれがここでの過ごし方としては正解。

フレ=NPCに中の人が入ったもの、みたいな感覚なのかな。
いつも口癖のように自分で言う言葉だけど、「所詮、赤の他人」だしね。
リアフレでもない限り、どこぞの誰とも分からない、得体の知れない相手だしさ。


いつぞやか、TwitterでもそんなツイートがTLに流れてきた。

よく「ブロックして逃げやがった」とか「都合が悪いと無視ですか」って感想があるけど、ブロックして逃げる・都合が悪いので無視ってのが、インターネットの中で一番正しくて正解でオススメの方法だと思う。契約も義理もないのに都合の悪い事に関わる意味が一切ない。無視無視。


たぶんそうなんだろうね。
これがきっと正解。

オンラインである以上、いくら「フレンドが~」だの、絆だの何だの言おうと、「不快なヤツとは縁を切る」これがたぶん、自己防衛策としての最適解なのだろうな。


感情で切られたことは何度かあって、記憶にある限りでは新旧通してたぶん4回。
あからさまなものだけカウントしています。(曖昧な『切られ』が他に2回ある)
旧キャラで3回。今のキャラで1回。(今の方が継続期間が長い割に回数が少ないことを鑑みると、付き合い方を少しは学習して進歩した!とも言える←とても前向き

病みキャラ(私に対して粘着気味)と少し距離を置いたら恨まれて切られた、というのが2回。
自分が相手に執着しすぎて嫉妬したら、それに嫌気が差して切られた、というのが1回。
他人には分からないだろうけど私はこんなにつらかったのに、それを面白おかしくブログのネタにしやがって!が1回。


…なんて言うかほら、どれも、すれ違いが原因という感じなのだよね。
だったら話し合ったら解決できていたのか?と言うと、残念ながらおそらく解決は出来なかった。どう頑張ったところで。


揉め事のように二者間で何か問題が起こった時、その原因は片方にのみあるのではなく、割合の差こそあれど必ずどちらにも原因がある、と私は思っていて。


先日、相方のことで悩んでいるフレから相談を受けていた。

「私が悪いんだろうけど」
その子が言う。(具体的に何があったのかについては聞いていない


そんなことないよ。
衝突があったとき、10:0でどちらかだけが悪いということは絶対にないよ。
「◯◯ちゃんが相手にそう思わせる態度を取った」という原因があったのなら、「相手がそう受け取ってしまう相手だった」という原因もある。
受け取り方の違う相手であれば、喧嘩にはならなかったのかもしれないしね。


でもたぶん、実際に衝突しているその場では、こんな風に冷静に原因分析出来る人なんていない。
自分にも何割かは原因があったしな、と理解してくれる人などいない。
その人のその瞬間の心理はこうである→「悪いのは100%お前の方だ!」

どんなに謝ったとしても、「一旦話し合おうか」と申し出たとしても、顔の見えない得体の知れない相手に対してそれを受け入れる余裕を持てる人は、少ないって言うかほとんどいない。
それこそ「お前ムカつく!もう嫌い!死ね!」と感情が高ぶっているので、「ポチー」といとも簡単に切ってしまうのだろう。


顔が見えていたとしたら、同じことをするのだろうか。

リアルの友人だったら…。


…いや、同じことはきっと出来る。
リアルだとしても嫌な奴がいたのなら、連絡を絶てば縁なんて簡単に切れる。

出来る、出来るんだけど…

きっと、ネットだと、その敷居が低いのだろうな。


連絡先も知らないし。
詳しい居場所も分からないし。
実際の顔も年齢も、果ては性別もよく分からないし。


「所詮、赤の他人」


寂しいけど、こういうことである。残念ながら。
そんな相手に対して、話し合いの席についてどれ言い分を聞いてやろうか、という人はまずいない。


自称・キチガイレベルに気を遣うタイプなのだが、反面、ポリシーは決して曲げない頑固者であり、おかしいと思った人や物事に対しては歯に衣着せずに言ってしまうところがある。
前の会社の同年齢の同僚には、「ショコタンさんの言うことは、いつも正しすぎる」と言われた。


正しい。
正しいのは良いこと。でも、正し「すぎる」。

正しいことを正しいままに言うのが常に正解ではない、ということなのだろうな。
少しはオブラートしろよ、と。


だからドラクエ内でもそうなんだけど、思ったことは何でもぽんぽんっと言うから、敵を作りがちだし誤解も受けやすい。
こうして書く文章も然り。日誌もブログも万人受けしないというか、読んで不快に思う人も多いことだろう。

自分の周りで起こった出来事を事実通り・ありのままにただただ書いて、それに対して自分が感じたことを、脳から言葉に変換されアウトプットされたままに書き殴る。
単なる事象と「私はこう思った」を事実のままに書いているだけのつもりなんだけど、それをそうとは受け取らない人もいるんだな。
つまり、「私はこう考える」と発信すれば、読む人によっては「否定された!」と感じる、とね。


否定しようと思って書いてるわけじゃない。
「ショコタンはこう思った。これは単なるショコタンの考え。」
それだけでいいじゃんか。ふーんあんたはそう思うのね、そういう考え方も世の中にはあるのね、と。
でも私はそうは思わないけどね、こっちの方が正しいと思うけどね、と。そう思っとけば良いだけの話じゃないか。
(そして意見を表明したい時のためにコメント欄とかがある…使われたことはほぼないけどw

よくどこぞのサイトが炎上しただの、マスコミがやり過ぎて謝罪会見だの、あんなのも根本的には同じなんじゃないのかな。
「こう思うよー」って意見の発信は、発信方法が一方的である限り、その人の意見の押し付けにしかならないのだ。
受け取り手側に「あっそ」で終わらせられる余裕があるうちはいいが、受け取り手側も発言力が増してきた今、「あっそ」ではなく「何おう!?」となると、収拾がつかなくなって厄介なことになる。
「お前の言ってることは間違ってる!俺の方が正しい!正しいと認めさせたい!謝罪しろ」
こんな展開になるよね、炎上問題とかって毎回必ずさw


一人一人と真剣に向き合い過ぎ、もっと肩の力抜いていけよ、と笑われるけど、でもどうしても常に、「もっとどうにか出来なかったのかな」と思ってしまう。
切れた縁・終わった縁に執着はしないけど、それでもたまに思い出してう~ん、と思うことがあるのだ。
「もっと私が努力出来ていれば、対処法を間違えていなければ、どうにかなったのだろうか」と。

思い出したところでどうにもならない。
悩んだところで何も解決しないし、どこにも進めない。


だから終わった話を今からひっくり返してどうこうしよう、とは考えないことにする。
それでも前には進みたい。だから学習はしないといけない。
旧キャラで3回だった「感情による切られ」が現キャラでは1回まで減ったように、どこかで成長するしかない。

「自分はこう思う」っていうやり方があったとしても、相手がそう思うとは・それを理解してくれるとは限らないんだ。
そこをもうちょっと、強く意識しないといけないな。


今フレンド枠に残ってくれている友人たちを傷付けないよう、もっと大事にしよう…(´-`).。oO
↑また、真剣に向き合い過ぎと笑われるのかもしれないなw


f:id:hukusyu:20180715112541j:plain