ドラクエは、人生を救う

あとの人生はオマケみたいなもんだよ

歴代ドラクエ思い出話 DQ2

星ドラの方ですが、土曜にマルチのヴェルザーを周回しまくりました。
引換券で交換したかったものは、とりあえず一通りもらえたかな。

f:id:hukusyu:20170326224037p:plain

グランドクルスは威力500%と強力だけど、使用後に自分が必ず休み状態になってしまうのが痛いよね…。
もう少し魔石でもらっておきたいのがあるから、そちらを交換し終えてまだ余裕が残ってたらもらおうかな程度のモチベ、今のところ。
魔石はそこそこ良いのが揃ってますね。職業輝石と同時に装備できるから良いんだよね、魔石は。

マルチの1111部屋も、プレイヤースキルや装備(特に守備力)が何だかちょっとね…って人が増えてきました。
上手い人たちはもう全部回収し終えちゃって、今頃はヴェルザーの魔王級にでもこもってるんでしょうか?w
ヴェルザー魔王級の鍵、結構落ちましたけど(今見たら6本もある…)、怖すぎてまったく行く気せんわwww


DQ2

f:id:hukusyu:20170326224036p:plain

ムーンちゃん装備、可愛いですね。
この装備は紫髪ムーンちゃん(ファミコンver)なのに、「ルビスの光に導かれ」クエストのストーリーに登場するムーンちゃんはなぜか金髪(スーファミver)という謎…。
そこはちゃんと統一しとこうよ、運営さーんっ!

なお、私は断然・紫髪派ですね!
っていうか、なぜファミコンスーファミでわざわざ髪の色変えたし?変える必要性あったん??
スーファミ版のキャラはなんだか妙に大人っぽすぎて受け付けん…。
ファミコンverの等身低めな、あの丸っこい感じが可愛らしくていいのよ。初期ドラゴンボール的な。アラレちゃん的なね。


DQ2のあのキャラデザをした頃、鳥山明ナウシカにハマっていて、それであのようなデザインになったんだっていう噂があります。
言われてみるとなるほど、確かにナウシカっぽい。フード被ったデザインってのは、それ以前のドラクエにもそれ以後のドラクエにもないものですね。

…あ、嘘。
7の主人公とマリベルがいたかw
でもあれは、ナウシカって感じではないよね。どちらかというと中世の装いですね。


DQ2ローレシア王子を自キャラとして操作し、2人の仲間の名前は自動で付けられるため変更できませんが、私の初回プレイ時のサマ王子とムン王女はアーサーとリンダでしたね。
クッキーとかプリンなんて可愛い名前もあったよね。
それを聞いて期待して、別な名前で新しい冒険の書を作ったら、すけさんとあきなだったw
すけさんて!(;・∀・)
わしゃ、かくさんかいwww


初めてDQ2をプレイしたのはDQ3の後で、クラスメイトの子にファミコンカセットを借りてやりました。
中学生だったかな?あれ?小学生だったっけかな??
あまりに遠い記憶なんでもう忘れたよwww ←立派なBBA

DQ3があまりにも面白すぎて、姉と2人で何周も何周もやっていたんですが、さすがに飽きて、DQ3の取扱説明書の末尾に載っているDQ2の商品案内の白黒写真を見ながら「DQ1DQ2もやってみたいねー」ってずっと言ってました。
運良くソフトを持っていて「もうしばらくやることはないからいいよ」っていう友達がいて、それで借りたんだったと思います。
随分と長い間借りてましたw おかげでかーなーりやり込み出来たよ。


昔、ドラクエのTVアニメがあって、主人公がアベルというのでダイ大と区別して「アベル伝説」と呼ばれているんだけど、結構好きで毎週見てたんですよね。
残念ながら裏番組アニメの「おぼっちゃまくん」に負けて(視聴率が振るわなかった、と)、最後は「え、何これ?こんな中途半端で終わるの!?」というような形で打ち切られて終わってしまいました。
話の続きが気になって気になって、ずっと心にひっかかってたんですけど、数年後に再放送枠(平日の夕方6時からのニュースの前、4時から2時間は、関東や関西のローカル番組を買い取ったものが再放送されるのだ。地方あるあるだね)で続きを見ることができて。スッキリできて良かったですw


・・・脱線したw

そう、そんでね。
そのアベル伝説で、歴代ドラクエの色んな曲が流れるんだけど。
当時私が知っていたドラクエは3だけだったんで、1と2の曲は知らなかったんですよね。(今と違ってネットで調べることも出来なかったからね)
で、知らない曲が流れる度に「これは1かな?2かな?それとも4かな??」とワクワクしながら聞き耳を立てていたものです。
アベル伝説が放送されていた時期はちょうどDQ4の発売が近く、プロモーション的な意味合いもあったものと思われる。アベル伝説の最後の方にDQ4のキャラ・マーニャとミネアが登場する回がある)

で、アベル達が洞窟などダンジョンに潜るときに流れる曲。
「あ、この曲知らない!」って曲だったんだよね。
DQ3のダンジョンの曲に雰囲気が似ていて。
なんだかその曲がすごく鮮明に記憶に残っていた。


その数年後、DQ2を友達から借りてやったとき、「あ~DQ2だったんだ!」ってなりました。
そう、アベル伝説で流れていたダンジョンの曲です。

音楽ってのは、不思議なものだね。
五感と記憶ってのは、すごく深く結びついているんだよね。
音や匂いで、当時の記憶がいとも簡単に、鮮明によみがえる。


でも私がDQ2の曲で一番好きなのは、フィールドの曲。
しかも、主役が3人揃った時の「果てしなき世界」(メジャー=明るい曲調)ではなく、2人以下の時の「遥かなる旅路」(マイナー=寂しげな曲調)の方ね。
2は、パーティメンバーの人数でフィールド曲が変化するんですよね。3人揃っていても、1人でも死ぬとパッと切り替わるのw
あれなんでなんだろうね?3人と、そうでない時とで曲をわざわざ変えたのって。

遥かなる旅路」はDQ3のフィールド曲「冒険の旅」に通ずる雰囲気があって、「いかにもドラクエ!」感がすごくあって私は好きです。
冒険してる感がする!何が出るか分からない、少し不安げな、ドキワク感。
でも世間的に人気があるのは「果てしなき世界」の方なのかな??星ドラの通常画面のBGMもそうですしね。

あ、あとね、DQ2エンディングの「この道わが旅」は超絶・名曲ですから今すぐYOUTUBEで復習しておくように!←アニメ版ダイ大のエンディング曲でもありました。


DQ2と言えばあれですね。
「じゅもんが ちがいます」ヒイイ

当時のファミコンカセットには自動セーブがなくてね。
「ごえふ るうと ががぞえ・・・」←こんな意味不明な文字の羅列(これが5行くらい延々と続くw)が「復活の呪文」と呼ばれるパスワードになっていて、ノートに書き留めておくのです。
次回のプレイ開始時に復活の呪文を入力してスタートするのですが…、
これを書き写し間違えると、「じゅもんが ちがいます」と無慈悲なメッセージが表示され、前回セーブ時の状態には二度と戻れなくなってしまうのだw
なんと恐ろしい…((((゚Д゚;))))

ほんと、何度泣かされたことかwww
何度やり直したことかwwwww


今となっては、ファミコンならではの味がある、良い思い出ですけどね。


他にDQ2といえば、ふくびきが楽しかったですね。
たまにもらえる「ふくびきけん」が貯まると、福引屋でスロット(いわゆる一般的なスロットのイメージとは程遠く、1列しかないw)が回せて、揃うと良いものがもらえるんです。
このふくびきがね。なんかすごく楽しいんですよw
「ピピピピピピ…ピ、ピ、ピ、、、ピッ」みたいなw
2つまで目が揃っていて、最後の残り1つは何が出るか!?みたいな手に汗感www

後継ドラクエの他のどんなカジノより、福引きより、DQ2のふくびきが一番楽しい!w


あとはDQ2でのお約束、「それはこっちのセリフだ!」の代名詞、「いやーさがしましたよ。」とか。(サマルトリア王子のセリフ。あっちゃこっちゃ移動しまくってなかなか出会えず、あちこち探しまくった末にようやく出会えた際に、このセリフを主人公に向けて言ってくれるw)
盗賊ラゴスが見付からない!とか。(壁のくぼみに隠れているのだが、『こんな場所ノーヒントで分かるわけないだろっ!』というような場所にいるw でも『ごめんね。もうしないからゆるしてね。』と丸腰で、なんか憎めないw)
双子の塔「ドラゴンの角」は凝ってて楽しいダンジョンだったなぁ、とか。(DQ10のナドラガンドエリアの塔の曲はすべて、DQ2のものですね。)
最後の「ロンダルキアへの洞窟」の、長~くつら~く果てしない道のり、とか。


ほんと、いかにも初期のドラクエっぽくて、楽しい思い出しかないです。
楽しかったなぁ、ドラクエ2

思い出したらまたやりたくなってきたな!(´ω`*)