読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエは、人生を救う

あとの人生はオマケみたいなもんだよ

キリンジからの弟脱退に見る兄弟姉妹の関係性について思うこと-3

前回記事: キリンジからの弟脱退に見る兄弟姉妹の関係性について思うこと-2 - ドラクエは、人生を救う



キリンジで名曲との呼び声が高い一曲に、「エイリアンズ」があります。


キリンジ - エイリアンズ - YouTube


実は正直に言って、私はこの曲がそれほど好きではありません。
嫌いな曲というのはキリンジの中には一つもないので、「嫌い」という言い方は正確ではないですが、「別に好きでもない」です。

ですが、世間では物凄く評判がいいです。
代表曲のような捉えられ方をしていますね。

これは弟・泰行氏の作品です。


発表されて以来、あっという間にキリンジの看板曲となった「エイリアンズ」。
それまで自分の作品に絶対的な自信を持っていた兄は、この曲がファンから喜ばれることが、内心面白くなかったようです。


ライブで演ると客がウットリと聴き入る。
演奏しながら、「皆こういうのが好きなんだろ?」と俺は冷める。
このような「真っ当なメロウさ」を持つ曲が万人に受け入れられるとは意外だったし、その事実を受け入れるのにも時間がかかった。

そんなズバリ本音のような想いを、兄はインタビューの中で語っています。

自棄っぱちオプティミスト

自棄っぱちオプティミスト



「エイリアンズ」を超えるキリンジの代表作を作りたい、と兄はおそらくずっと考えていたのでしょう。

「これが売れなかったら、もう自分は売れる音楽というのは作れないかも」

兄がそう妻に語って感動させた、という一曲が「Drifter」です。


キリンジ - Drifter - YouTube


やはり、ファンの間では人気の高い曲です。
「エイリアンズ」が東の横綱なら、「Drifter」は西の横綱
弟曲のベスト1と、兄曲のベスト1。
そんな感じでしょうか。


私はやはり普通と感覚がずれているのか、この曲もあまり好きではありません。
もちろん嫌いではないのですが。どちらも良曲だとは思うのですが。



キリンジというグループの代表曲とされているこの2曲にまつわるエピソードを紐解くだけでも、堀込兄弟の関係性を垣間見ることができるような気がします。

それまで「兄には勝てなかった」弟が何気なく作った1曲が、兄の予想を超えるほどの高評価を受ける。
発言力の高い兄にそれとなくついていく姿勢だった弟が、実力で兄に勝った瞬間。


自信をつける弟。
一方で、自信を喪失する兄。

相手に対するコンプレックスが強かったのは、たぶん弟よりも兄の方だったんだろうな。


この曲の、どこにそれほど一般受けする要素があるんだろう?
兄はきっと、そう不思議がっていたんだと思います。

純粋に「自分の作りたいものを作る」弟とは違い、ヒットやセールスなど商業的側面を気にする兄です。


自分の能力を総動員して、「これ以上のものは作れない」というまでの自信作を送り出す兄。
売上的には兄を満足させるほどの結果とはならなかったようですが、ファンからは高い評価で受け入れられました。



お互いに良きライバルでもあり続けたんだろうな、と思います。
一番近いようで、一番遠い存在の兄弟。
身内であるからこそ、負けられない相手。

そんな2人から生み出される曲達は、どれをとっても素晴らしい珠玉の数々でした。



続く。





3

3

Fine

Fine