ドラクエを奏でよう

あとの人生はオマケみたいなもんだよ

夏の思い出

お盆休みが終わってしまいました。
中の人、今日から出勤です…(´Д`;)


休みらしい出来事は特筆すべきようなものは何もなく、先日のドラクエグッズを買いに行った件くらいでしょうかねぇ。


あとは…

お盆の真っ最中に健康診断を受けてバリウムを飲んだくらい?w


バリウム嫌いだ~」
と姉ちゃんに言ったところ、

「俺バリウム超~大好き!」
「って人いたらビビるわw」

と返されたので、声出して笑いましたw

ごもっともすぎた。


============================

このはてなっていうブログサービスなんですけど、写真・画像のアップロードに月ごとの上限がありまして。
普段、こうしてさほど写真を上げない私にとっては何ら問題のない容量なんですが。

昨年、DQ11のブログを書いていた頃は、SSでストーリーの流れを解説してナンボ!みたいなところがありましたのでね。
あっという間に容量オーバーしちゃったのです。


で、一時的に容量を増やすため、渋々ながらも有料サービスに申し込みました。
最小課金単位まで。(確か千円

その時に購入した「はてなポイント」的なやつが、有効期限があるらしく。
「おたく、ずっとポイント使ってまへんけど、そろそろポイント無効になりまっせ~」的なメールがしれっと来たもんですから、「なんだよふざくんなっ、金出して買った権利くらい半永久的に使わせろやっ(#゚Д゚)」とか怒り心頭だったのですが。


…仕方ないので、なくなる前に権利を使い切ってやろうかと思いまして。
約1年ぶりに、はてなポイントフォトライフサービスとかいうのに充当したわけです。


せっかく課金したんで、その機能をこれでもか!というくらいまで使ってやろうかなと。
ということで今回は、広場の思い出アルバムに残っていたこの夏のドラクエの思い出たちを、消えゆく前にただひたすらに貼り付けていこうと思います。

8月以降の写真です。


Twitterも見ていただいている方にとっては、同じ話の繰り返しになってしまいますが…ゴメンナサイ(´・ω・`)

今、私のTwitterは実質ドラテン日記みたいな状態になっていますのでw、今日はその総集編という感じです。


============================

f:id:hukusyu:20180816185912j:plain

DK3人討伐しようぜ!
って、腕の確かなフレ(私よりも始めた時期が遅い人!!)に呼ばれて道具で参戦。
強さは3。無事討伐達成!


f:id:hukusyu:20180816185913j:plain

同じメンツでそのまま、キラークリムゾン討伐に行った。
必死だったので戦闘中の写真はなし!
称号ゲット(^ω^)


f:id:hukusyu:20180816185914j:plain

f:id:hukusyu:20180816185915j:plain

その流れでダークネビュラスも討伐完了。

天地雷鳴士もペットキラーパンサーもない時代に、旧キャラで呼ばれるがまま魔法使いで参戦して、赤まで削ったんだけど惜しくも負けたという記憶。


f:id:hukusyu:20180816185917j:plain

f:id:hukusyu:20180816185916j:plain

f:id:hukusyu:20180816185920j:plain

f:id:hukusyu:20180816185921j:plain

f:id:hukusyu:20180816185922j:plain

f:id:hukusyu:20180816185924j:plain

f:id:hukusyu:20180816185923j:plain

f:id:hukusyu:20180816185927j:plain

f:id:hukusyu:20180816185925j:plain

f:id:hukusyu:20180816185926j:plain

キュララナイベ。
3キャラとも水着をゲット。

移動距離が遠くて面倒くさかったですけど、こういうゼルダ的な謎解きは嫌いじゃないので楽しめました。
ゼルダやりたいなぁ。


f:id:hukusyu:20180816185919j:plain

f:id:hukusyu:20180816185918j:plain

6周年カウントダウンイベを眺めるため1人ぽつんとジュレにいたら、神が降臨\(^o^)/


f:id:hukusyu:20180816185928j:plain

f:id:hukusyu:20180816185929j:plain

f:id:hukusyu:20180816185930j:plain

翌日もボッチ活動(領界討伐でレベル上げ)していたらいつの間にか神が隣にΣ(゚Д゚)
うおおっとなっているところへ「まおうのかげ」が襲ってきて、1戦闘しただけなのにいきなりゲノミーが出るという奇跡(さすが神…


その流れで何周かゼルメアに行った後、しばらくお話ししていました。
話が尽きなくて…夜が明けて朝になったっていう!(´ω`*)

この2枚の間はずっと「イスに座る」で話してたんですが、その写真も撮ったのに…この後に出てくる花火大会で写真撮りまくったせいで消えてしまったんよ(ノД`)・゜・。
ロックしておけば良かった…(>_<)


「イスに座る」を出そうとして、Bボタン長押しで勢い余って「ありがとう!」と発言し「えっ!?」という展開になったのは笑い話w


f:id:hukusyu:20180816185931j:plain

f:id:hukusyu:20180816185932j:plain

f:id:hukusyu:20180816185933j:plain

f:id:hukusyu:20180816185934j:plain

f:id:hukusyu:20180816185935j:plain

サブっ子カリン様が職業クエストに取組み中。
パラディンの、不思議な踊り。

職クエ、残すは武と、賢者&バトの一部くらいですかねー。
バトの最終クエがサシで戦うんだけど、バト装備がなくスキルもなく裸すぎて負けたw ので、経験値をバトに注ぎ込み中です。


f:id:hukusyu:20180816185936j:plain

f:id:hukusyu:20180816185937j:plain

お忙しい合間を縫って、ルムメンのカード消化にお付き合いいただきました。

ヴェリアクセ屋の入口前で待機する、パラガのストーカーwww(←私のことだよ!当然ながら!説明不要だけど念のために言っておくよ!


f:id:hukusyu:20180816185938j:plain

f:id:hukusyu:20180816185939j:plain

f:id:hukusyu:20180816185940j:plain

ずっとエアフレ気味だった方(とても上手)が、ある日PTに呼んでくれたことをきっかけに、レギロや常闇に行こう~ってたまに誘ってくれるようになったのです。
深夜3時近くまで、レギロと常闇3種に行っていた時の写真。

こうして疎遠だった人と近付けるのはとても喜ばしい( *´艸`)


f:id:hukusyu:20180816185941j:plain

f:id:hukusyu:20180816185942j:plain

f:id:hukusyu:20180816185943j:plain

f:id:hukusyu:20180816185944j:plain

ルムメンで和気あいあいと、初のルムイベ=花火大会。
ルムメン全員が満足出来た~って言うくらい、本当に本当に楽しかった!!!

また来年が楽しみだなぁ。

来年まで待たずとも、冬にでもまたやってもいいよ?w


f:id:hukusyu:20180816185945j:plain

深夜、眠れずにTwitterを見てたらフォステイル出現情報をキャッチして、のそりと起き出して会いに行ったりw


f:id:hukusyu:20180816185946j:plain

f:id:hukusyu:20180816185947j:plain

コンシェがようやくくれた手編みのズボンと、セラフィからもらえたゴーグルと、1ヶ月近くも前にうまい棒から狩り取っていたステージジャンパーと、ゼルメア産のトライバル腕とで作ったドレア。


f:id:hukusyu:20180816185948j:plain

↑それの代わりに消さざるをえなかったドレアがこちら。
体下がそのままだとダサダサなうろこのよろいで、膝部分をブーツで隠してスカートに見せるという小技を効かせていたのだよ(`・ω・´)


f:id:hukusyu:20180816185949j:plain

f:id:hukusyu:20180816185950j:plain

f:id:hukusyu:20180816185951j:plain

f:id:hukusyu:20180816185952j:plain

姉ちゃんの新しいサブ子ちゃんと、お宝掘りに。

人間子供かわいいなぁ。
ショコタンも、人間になったら幼女なんだよ?
周囲から大不評なんで、もうずっと人間にはなっていませんが…ww


f:id:hukusyu:20180816185955j:plain

f:id:hukusyu:20180816185959j:plain

さっきのかわいい幼女の実態はこうであるww

サブ同士、レアボスコインでテンの日のカード回収の旅。


f:id:hukusyu:20180816190018j:plain

スパ転職クエの応援に行ってみたりとね。


f:id:hukusyu:20180816185953j:plain

f:id:hukusyu:20180816185954j:plain

アリアハン装備をかわいくした感じのドレアも作った。
手元にある素材で作れたので、白箱狩りも何もせず楽に作れた\(^o^)/
サッサと作った割には好評で嬉しい。

代わりにイチゴミルクドレアを消しました(>_<)


f:id:hukusyu:20180816201234j:plain

f:id:hukusyu:20180816201235j:plain

f:id:hukusyu:20180816201236j:plain

f:id:hukusyu:20180816201237j:plain

f:id:hukusyu:20180816201238j:plain

出来たての「アリアハン・改」装備でテンの日のコスプレイベントに単身乗り込んできました!
見知らぬ冒険者の方々とイイネを飛ばし合いながら、並んでパレードダンスを踊る。

こういうイベント、楽しいねぇ。
定期的に開催してほしい(´ー`*)


f:id:hukusyu:20180816185956j:plain

f:id:hukusyu:20180816185957j:plain

f:id:hukusyu:20180816185958j:plain

更新日に邪神1~4獄全制覇。

ルムメンとレグ4に行ったり、イカに行ったり。


f:id:hukusyu:20180816190000j:plain

ゲルニック将軍にお付き合いいただき、新しいフレンドさんも増えました(`・ω・´)ゞ


f:id:hukusyu:20180816190003j:plain

ドワちゃんで行くと負けちゃうんだけどね(>_<)
紙装備だから…。


f:id:hukusyu:20180816190002j:plain

f:id:hukusyu:20180816190027j:plain

レギロにも呼ばれてみたり。


f:id:hukusyu:20180816190004j:plain

f:id:hukusyu:20180816190005j:plain

最新作ドレアは今のところ一番のお気に入り。
周りからの評判もなかなか…(´ー`*)

消さざるをえなかったドレアは花見のときの桜色ドレア(>_<)


f:id:hukusyu:20180816190006j:plain

f:id:hukusyu:20180816190013j:plain

f:id:hukusyu:20180816190014j:plain

お盆はドワちゃんの王家を頑張って消化…。
アナザーの3層くらいまで頑張って消化したぞ!
早くツールで出来るようになりたいぞ~。


f:id:hukusyu:20180816190007j:plain

f:id:hukusyu:20180816190008j:plain

f:id:hukusyu:20180816190009j:plain

フォステイルに会いに行ったり。


f:id:hukusyu:20180816190011j:plain

f:id:hukusyu:20180816190012j:plain

セラフィにも会いに行ったり。


f:id:hukusyu:20180816190020j:plain

f:id:hukusyu:20180816190022j:plain

f:id:hukusyu:20180816190024j:plain

シールモンスターにも会いに行ったりね。


f:id:hukusyu:20180816190021j:plain

f:id:hukusyu:20180816190023j:plain

サブ子たちはまさかの、温泉クエからのスタート…w


f:id:hukusyu:20180816190017j:plain

この花がどうやって頭にくっ付いてんのかなぁと不思議でしょうがなかった。
拡大してみた。

刺さってた\(^o^)/


f:id:hukusyu:20180816190019j:plain

バトルロードでようやく金バッジが交換できるくらいになった。
ハッピーハートが倉庫の2列以上を圧迫しているので、早くなくしてしまいたい(>_<)

姉ちゃんと2人きりの我がチームのレベルを上げてもらえた、けいれいのしぐさで(`・ω・´)ゞ


f:id:hukusyu:20180816190015j:plain

近頃メインに取って代わろうという勢いのカリン様。
白箱狩りを延べ1週間近く(頭5日、体下3日)頑張って、新しいドレアを作ったよ~。


f:id:hukusyu:20180816190025j:plain

f:id:hukusyu:20180816190026j:plain

そのドレアがこちら~。
以前、フレからドレア考えてくれ!って頼まれたときに3案送って、違う案が採用されたためにボツになったもの。
我ながら気に入っていたので、自分で再利用ww

あさぎ色、ドラテンで一番好きな色!(´ω`*)


============================

今年の秋も、冬も、来年の夏までにもっとたくさんの楽しい思い出が出来るといいなっ!(∩´∀`)∩

おおよそ1年史

過去ログを見ると、去年の9/18に「始めて約1週間経過した…」とか言ってる。

ということは、おそらく2017/09/10頃に再インストールしたのだろうな。ドラテンをこのPCに。(はっきりとした記憶がない


8月末頃だと思ってた。
9月だったんだっけ…。

まあ、どっちでも変わらんか。


昨年は12月頭まで無職だったので、1日10時間レベルでアホみたいにやってた。
ニートは楽しいんやでぇ…(´_ゝ`)←ダメ人間の見本


約1年が経過した、ってことで少し戦歴を見てみる。

f:id:hukusyu:20180814210625p:plain

メイン、1762時間。(2018/08/14 20:50現在)

昨年9/10開始とすると約11ヶ月になるから、335日で割ってみる。

1日当たりプレイ時間、5.2時間。


…結構ガッツリやってるね!www


でも待ってよ、意外とサブも動かしてるんですよ。
職人とかだけじゃなくてね。ちゃんと育成してるんです。
(カリン様へ注ぐ並々ならぬ愛情をご覧いただければ伝わるかと思います


…で、そのサブはどうなった。

f:id:hukusyu:20180814210626p:plain

サブ1=カリン様、453時間。

同じく335日で割ってみる。

1日当たり1.3時間。


カリン様はそこそこ育成にも力を入れております。
サブクエとかは全然まだまだだけど、一応ストーリーは4.2最後まで全部終わったし。
最近はメインよりも動かしている時間が多い。


f:id:hukusyu:20180814210627p:plain

サブ2=ドワちゃん、244時間。

1日当たり0.7時間。


ドワちゃんはまあ、ね。
あんまりヤル気のない子なのでww

ショコタン=中衛職、カリン様=前衛職、ドワちゃん=後衛職、という感じで育てようと思って始めたんですがね。
カリン様、結局中の人が好きな中衛ばっかりやって、前衛全然育ててないしな!(;´_ゝ`)


後衛職は装備の敷居が低いので、ドワちゃんは予定通り魔法とか賢者ばかりをやっているのですが。

私さ…

魔法使い、あんまり好きじゃないんすよwww


戦闘での面白味があまり感じられなくてね…。

前衛に壁してもらって、自分は後ろの安全な方で何も気にせず脳死でメラゾ、みたいなさ。(←大いに偏見と語弊があります


前衛は前衛で、下手なのを自覚しているから避けて通ってきててね。
そこそこに補助・回復しながら時には攻撃にも参加、みたいな中衛職がとっさの判断力を求められて、戦闘での面白味があって好きなのです。


そんなヤル気のないドワちゃんですけど、ストーリーは一応3.0までは終わっています。
3.1に入る前の状態で長期放置中w


…で、3キャラ全員分を合わせてみると。

2459時間。

335日で割ってみる。

1日当たり平均プレイ時間、7.3時間。


・・・(゚Д゚)


なかなかイイ感じに廃プレイやな!(・∀・;)


1日の4分の1以上もこれやってんの!!

どんだけ暇人やねん私www


(あー悲しい…(;∀;)


==================================

「そろそろ新ショコで再開して1年かぁ」

って話を、先日、何気なしに姉ちゃんとしていました。


あの再会の暗号が懐かしいね、と。
(そして謎のエルおじとの遭遇…w


【1年での成長 その1】

自分には絶対に無理だろうと思っていたコインボス・札ボスにも、独りで挑戦してみたりした。

実装当時にボッコボコにされた記憶しかなく、「こりゃ無理だー」と諦めていたゴースネル。

金ロザは、札をおそらく200枚くらいは自作して、その8割か9割はサポのみソロプレイで回って2種完成させた。
白紙のカードと筆を取るためにキュウサイポイントが必要だから、毎日毎日同盟3種(災厄・ドレアム・野菜)を欠かさずに通ってた。


野良なんて大嫌いで(それは今も変わらないのだけど)、同盟なんぞ旧キャラでは各1回ずつしか行ったことがなかったのに。
今や、強戦士の書からホイ~ですよ。

人間、慣れですな…(´ー`)


ゴースネルを独りで回っていたのは、ある意味、意地もあった。

今のキャラを始めた頃、旧キャラ時代にフレだったある人物と再度フレになってもらったのだが、その彼とフレチャでした会話。


シ「ゴスはソロで回ってるよ」
 「たまに事故がないわけじゃないけど、勝率ほぼ9割↑だよ」

すげえな、PT組んで行ったってたまに事故あるのに、と彼が言う。


シ「今頃始める人なんていないから、持ち寄りとかできないし、」
 「金ロザなんて皆完成しちゃってるだろうから、誘える人もいないし」
 「だから自分1人で行くしかないんだよ」


これに対して、彼はこう答えたのだった。

「まあそれは、そうやろうけどもな」


…正直、ガッカリした。


そうやろうけどもな。

まあ1人で行くしかないんだから、せいぜい頑張ってくれ。


そこでなぜ、「俺で良ければ呼んでくれたらいつでも行くぞ!」くらい言えないのか。
(例え社交辞令だとしてもな…。


…ああ、いや、いい。
君は昔から、そうだったよ。そういう奴だった。
いつもどこか、他人事だった。
君より半年以上遅れて始めた私を、いつもどこかしら、下に見ていたよね。

知ってた、知ってた。


大丈夫、君には頼らない。
誰にも頼らない。

今までだってこうして自分1人でやってきた。
やってやれないことが、あろうものか。

なにくそ!!!


↑こういう、ひねくれた「ナニクソ根性」みたいなのが、負けず嫌いが発動するとある意味強みともなるwww


その彼は今もフレ枠にいますけど、実質エアフレですね。
金ロザ2種をほぼ独りで完成できたのは、ある意味彼のおかげでもあると思っております。
ある意味、ありがとう。ある意味、ね。


【1年での成長 その2】

旧キャラでは足を踏み入れることすら一度もなく、「私とは関係ない世界の話」と指をくわえて眺めるだけだった常闇にも挑戦した。

最初はやっぱり1人で、でも4人で組むと戦闘中の動きは全然違うんだよ、っていうことをルムメンやフレ達から教えてもらって。


「ショコタンには無理」と言われていた常闇の4も、3種制覇することが出来た。

↑これはまあ、自分の実力でも何でもなくいわゆる「出荷」なので、上手な人に「勝たせていただいた」と言うのが正しいですが。


実装当時なんかより遥かにプレイヤーキャラクターも強くなっているしね。
装備もレベルもスキルも。

当時勝利した人達に比べたら、「申し訳ありませんこんなことくらいで喜んで…」と平謝りせねばいかんくらい、まったくもってお恥ずかしいレベルですが。


…それでもね。
本当に、「自分には無理」って思っていたんだよ。
さっきも書いたけど、周りからも「ショコタンには厳しい」「無理そう」と言われていたくらいだし。

それでも、上手なフレの力を借りてこそかもしれないけど、結果としては勝てた。
勝てたんですよ!!!


諦めたまま終わらなくて良かった。
挑戦して良かった。


【1年での成長 その3】

常闇の1つ上のエンドコンテンツ、レギロ(聖守護者の闘戦記)にも行けるようになりました。


正直なところ、レギロはあんまり好きではなくて…。
常闇は、壁やターンエンドの概念がまだしっかりとあって、攻撃するときは攻撃する・避ける時は避ける、のドラテンの基本がちゃんと生きていて好きなのですが。


レギロは…。
それとはまったく別概念なんだよね。

ただのワンパン即死ゲー。
生還時の一瞬の無敵状態を利用するだけ、みたいなさw


それが楽しいのか?
と聞かれると、正直「うーーーん」となってしまうのです(´・ω・`)


…うん、常闇は好きだけど、レギロはそんなに好きくない!!w


あ、でも、あれよ。
呼ばれたらちゃんと行きますよ!ハイ喜んで。

人とPT組んで行くコンテンツは、何でも楽しいのだ。(←これは紛れもなく本当。


…で、エンドコンテンツに対してそんなにガツガツとしていない私は、「レギロ3倒せねー!むきぃいいいい!(#゚Д゚)」みたいな感情もまるでなく、強さ3なんて絶賛放置中です、ハイwww

3なんて一度しか行ったことないよ。
5分くらいで殺されてさっさと出てきて解散したwww


また「聖守護者の闘戦記」の後継が追加されるんだよね。
…って聞いて、正直なところ、「(´・ω・`)ハァ…」と憂鬱になっております。

エンドコンテンツ、あまり好きじゃないのですw


いや、語弊があるかな。
エンドコンテンツの中身自体は、まあいいんだよ。百歩譲ってね。

エンドコンテンツが追加されたことで、それに対して血眼になる・躍起になる人達と、それによって破壊される数多の縁。

それを目にするのが、嫌いなのです。


エンドコンテンツは、必ずどこかに争いを生みます。

喧嘩っ早い性格ですけど私、意外と平和主義者なのですよこう見えて…(´・ω・`)


【1年での成長 その4】

憧れの人物に会うことが出来た。


これはもう、何と言いますか…
奇跡だったんですよね本当に。

自分だけではどうにもならない、相手あってこその奇跡。


いつも話を聞いてくれる友人にこの一連の話をしたところ、「度胸あるねぇ」と、彼女は随分と驚いていました。

(…この友人がある日突然、プッツリと何かが途切れたように来なくなってしまってから、もう4か月以上。
 ◯っちゃん、今どこで何をしているんだ…(/_;)
 ずっと心配しているんだけど、連絡の取りようがない(´Д⊂ヽ


私の行動は、傍から見ると勇気ある行動だったらしい。


たぶん、普通の人は、あまりこういう行動って起こさないのかもしれないなw
特攻というか、何か「こうしたい!」的な欲望に貪欲に突き進んで行くというか。

そういうのはきっと、多少の「勇気が要る」行動なのだろうな。


こういう特攻精神と言うのか・度胸と言うのか、そういうのは、学生時代に入っていた変なサークルで鍛えられたんだよね。
本当に変なサークルだったんです。
ヒッチハイクで2週間の旅をしたりとかね。

北海道をヒッチハイクで一周したんだよ。
旭川で食べた醤油ラーメンの味は忘れられない。
人生で3本の指に入る、美味かった旅グルメのうちの1つだな。


…サークルの話題は大いに脱線するので、またの機会にでも。


==================================

ともあれ、1年でこんなにも多くのことが達成できました。

「1年いろいろ頑張った、私!」

って姉ちゃんに声高に宣言してました。


旧キャラ時代からは信じられないくらい、成長しました。
相変わらずいつも自分に自信はないけれど、それでもほんの少しだけ、本当に数mm程度ですが、「これで良いんだ自分」と思える部分も作れました。


どれもこれも、自分のやりたいことをやりたいまま、欲望に忠実に実行してきた結果です。


唯一の感想は、

「やってみて良かった!」


やってみて、やろうとしてみて良かった。
やらずに文句を言うのは好きじゃない。
文句を言うなら、まずはやるだけやってみてから。


「無理」「出来ない」「やめとこう」

は嫌い。


これからの1年も、こうして何かに挑戦し続けていきたい。

1年後の自分も、今よりどこか成長していますように…!



★本日の写真成分★

f:id:hukusyu:20180814210624j:plain

最新ドレア、自分史上一番満足できる仕上がりとなりました(´ω`*)

久々に広場のプロフィール写真を変更したくらい。

ドラクエ大人買いした

先日TwitterのTLに流れてきたこんなツイート。


脊髄反射で即座に反応。


ドラクエグッズなんてずっと興味がなかったんですが、昨年USJドラクエアトラクションに行って以来かなぁ。
目覚めちゃいましたよね。

f:id:hukusyu:20170616191958j:plain

↑これはUSJで買ったスライムのブレスレット。
職場が服装自由なので、たまに堂々と着けて出社していますw

さすがに2つ同時には着けず、1つですけどね!


昨日からお盆休みが始まっていますが、この連休は健康診断に行くくらいしか予定らしい予定のない私。

こうしてツイートを発見したのも何かの縁。
ここはひとつ、夏の思い出作り(?)にドラクエグッズを買いに行こう!


==========================

足を運んだのは上野駅
大きなキャリーバッグを携えた家族連れや外国人旅行者がたくさん。

そんな中、脇目も振らずに駅前のおもちゃ屋へ進軍するBBAが一人ww


上野は都内へ通勤していた頃の乗り換え駅でしたので、駅近辺なら少しは分かります。

ここのヨドバシでDSとドラクエ9を買ったんだよね~発売日当日にさ。
その日、休日出勤だったんだよ…。その帰り道に、列に並んで買った。


ドラクエコーナーがあるという、おもちゃ屋「ヤマシロヤ」の3階へ。

f:id:hukusyu:20180812180959j:plain

おおっ!これだこれ。


f:id:hukusyu:20180812181000j:plain

メタリックコーナーがすんげぇカッコイイ。
もう端から端まで全部、「この一角全部ください」的に買い占めたかったんだけどね。


いやこれ…
実はさ…

1つ1つが、めちゃ高価なんですよ!!


f:id:hukusyu:20180812181006j:plain

↑その中で選んだのは、キラーマシンはぐれメタル

キラーマシン ¥4,104。
はぐれメタル ¥1,728。


はぐれメタルなんてお買い得な方よ??
(ちなみに、このメタリックコーナーでの人気No.1がこのはぐれメタルなんだそうです。


最初、メタルキングが良いかなぁと思い手に取っていたのですが、キラーマシンがどうしてもどうしても気になって。

この艶めくメタリックボディ。
カラーリング。


「なんと キラーマシンが おきあがり なかまに なりたそうに こちらをみている!」

仲間にしてあげますか?
→はい


いいえ、の選択肢はなかったよねwww

キラーマシンのお供と言ったらはぐれメタルでしょう、ってことで、メタキンを返却してはぐれメタルをチョイス。


でも帰って開封してみたら、予想通り超カッコ良かったから満足。
悔いなしっ!


f:id:hukusyu:20180812181002j:plain

この冒険の書はですね、¥5,400しますwww 超高級!


何が入ってるんだよ、と言いますと…

f:id:hukusyu:20180812181003j:plain

ロトの剣&ロトの盾!!!


f:id:hukusyu:20180812181004j:plain

おっほぉおおおおおおおおカッコ良すぎィイイイイイイイイ!!!!!


何かが漏れ出そう。(脳汁的な?


サイズは小さいですよ。
剣の長さが17cmくらいでしょうかねぇ。

ちなみにさっきのキラーマシンが、手に持つ剣の部分まで含めて高さ8cmくらいかなぁ。


撮影時には細心の注意を払って、指紋が付かないよう手袋着用にて取り出しましたw

f:id:hukusyu:20180812181005j:plain

盾の裏側はこんな感じになってます。
作り込みが細かい。


箱から取り出す際に、盾はすんなりと外せたんですが剣の方がなかなか外れず、かなり力を入れて取り出したら周囲を覆っていたスポンジの一部が剣にくっついてきたのが少し不満でしたけど…('A`)

不良品かよ!?
って思ったけど、こすったら取れたから、まあ良しとしよう。

f:id:hukusyu:20180812181007j:plain

まもののむれがあらわれた!

ロンダルキアへの洞窟、的な。


ああああああああああ楽しい。
重い腰を上げてはるばる上野まで行った甲斐があった\(^o^)/


f:id:hukusyu:20180812181008j:plain

我が家のドラクエコーナーが、少しずつ賑やかになってきました。


f:id:hukusyu:20180812181001j:plain

いかにも「グッズ」らしいグッズと言えば、ペットボトルケース(左下)、スライムのスプーン(中央下)、マグネット(左上)、アイストレー(右上)を買いました。
ペットボトルをこれに入れて職場へ持って行こう。

アイストレーはスライムの形の氷が3つ作れます。
今、冷凍庫内でスライム製造中ですw


合計1万6千円も大人買いしてしまった。
ドラクエグッズやべーな。楽しーーー。


本当はこれも買いたかったんです↓

竜王が作れるとな!?

買いそうになったんですけど、通販の方が安く買えそうだったんでやめておきました。
そのうちAmazonで買うかもしれない…w


ちなみに私、ドラクエで一番カッコイイラスボスは竜王と思っております。
竜王以上にカッコイイDQのラスボスが出ることは、今後まずありません。

元祖が最初にして最強!
竜王ばんじゃーい\(^o^)/


==========================

…よしよし、久々にブログっぽいブログが書けたぞ!w

ものは言いよう

「頭が忙しい」と言って電話を切って
ほんの少し後に深く後悔してしまった
もしもその人が私の一言によって
方向を変えるとしたら
私は今までどれだけの人を
動かしてきたことになるんだろう
あぁつまらない
それがどうしたって?
あぁつまらないことで忙しい


自分の思考回路というか、常々ここに書いているようなこと(体育館に並べた下着w)だなって。
誰かにああ言った・こう言った→相手はこう思っただろうな→今後どうなる・どうする?→(゚Д゚)ウダウダグダグダ

本当につまらないことだらけ。
つまらない・くだらない・どうでもいいことで私の頭の中は常に忙しい。

追われることに疲れ果てた今
 全てをあきらめてみた
だけどそれは長く続かない
 そういう人だから
それならずっとそうしていなさい
 ずっと海の底にいなさい
鬱という静寂と狂気のはざまで
 とどめを刺されて仰いだ空
あぁ届かない
それが普通だって?
あぁ届かない、同じ青なのに


鬱は静と動のはざま、受動と能動の間に漂う。
消極的になって投げやりになってすべてをシャットアウトしてみたと思ったら、急にわびしくなって積極的に温度を求めたりする。
「そういう人だから」

独り海の底に沈みながら「ずっとそうしていろ」ととどめを刺されて仰いだ空には、届きたくても届かない。
深淵から仰ぎ見る天。海も空も、同じ青なのに。
同じだけど、まったく違う「青」。
それが普通だ、と言う。下から見上げる上の世界。
這い上がりたくても這い上がれない。

あぁわからない
それがなぜかなんて
あぁわからないけど ここが好き


↑この部分がすごく好きなんだよね。
理由なんて分からないけど、ここが好き。
ずっとここにいたい。
自分にとっての居心地の良い場所を求める心理。

誰にでもあるでしょう?
職場でも学校でも、友人関係の中ででもいい。
ブログでもTwitterでもいい。
ドラクエの中でもいいよ。趣味の世界の中でも、なんでも。

居場所探し。


Heaven's Kitchen

Heaven's Kitchen

Do you crash? by Bonnie Pink
1996年9月20日 3rdシングル、1997年5月16日 2ndアルバム「Heaven's Kitchen」収録。


日本語部分だけ全部書き出してみた。

BONNIE PINKを売り出そうと事務所が最大限に力を入れていたであろう時期のアルバムで、完成度がすごく高い。
捨て曲がない。
「It's gonna rain!」はアニメの「るろうに剣心」のエンディングだったよね。


昔よくオールナイトニッポンを聞いていて、そこでかかる曲はたいていヒットしていた。
ヒット前のダイヤの原石みたいな人達の曲が流れて、「これ売れそうだなぁ」と思いながら聴いていると、気付けば世に出てきて大ヒット・売れっ子になっていたり。

「この人たち、◯◯って曲が売れる前から私知ってたもんね!」
と、鼻高々に自慢顔。
↑よく考えれば「だからどうした」的な、インディーズやマイナーバンドのファンによくありがちな心理であるw


ボニピンさんもそんな1人で、割と初期から結構好きで、アルバムは全部じゃないけど6~7枚は持ってた。
「Let go」が好きで、そこに収録されている「過去と現実」というシングルにもなった曲がすごく良いのだけど、これについてはいずれ機会を見てまた何か書きたい。


=====================================

「言葉の意味」を考えるのが好きで、ここにはこうしてたまに好きな曲や気になった曲の歌詞を載せることがあるのだけど、邦楽しかない。
洋楽はまるで聴かない。日本人が好きな洋楽は、私も好きだけどw
QueenBeatlesCarpenters
↑いかにもTHE・日本人でしょう?w

歌詞を読むのが好きなので、洋楽だと歌詞を和訳する作業が間に入るため、直感的に言葉をつかめないから手を付けていないのだ。
歌詞は感覚的に入ってきてほしい。
ネイティブだったらきっとこういうジレンマはないのだろうけど、残念ながら私は純日本人である…。


前回、「誰かが何の気はなしに私にくれた言葉」のことを書いたんだけど、「ものは言いよう」っていう話を今日はしたい。


「火中の栗を拾うタイプ」なんだって、私www

いやぁ…自覚が大いにありありですなぁ!
首を突っ込まなくてもいい範囲まで、自ら特攻していくタイプだからねぇ…(^ω^;)


「所詮、赤の他人」とか、世捨て人のような厭世観丸出しのことを常々言いながら、それでもどこか人に近付いていきたい気持ちがあるんですよ。
何なんだろうね。それこそ、いつかフレが言っていた「人嫌い言う人ほど実は人好き」ということなのかもしれないが。


こういうフレがいるんだけど(『火中の栗』発言者とはまた別のフレである)、どうしても見過ごせなくて、いたら声をかけてしまう。
見方によっちゃあ、構ってチャンと思われる部類の子かもしれない。
でも、そういう人の気持ちが分かるんだ…。分かるから放っとけないんだ。


f:id:hukusyu:20180811144807p:plain
f:id:hukusyu:20180811144808p:plain

こうして喜んでくれさえしたら、もうそれで満足。
構ってチャンでもいいさ。私なんかで良けりゃぁ、喜んで構いに行ってあげよう。



…で、その「火中の栗」はね、そのまま受け止めたら、良くも悪くも受け取れる言葉じゃないですか。
トラブルと分かり切っている場所に自ら飛び入るなんてバカな奴だなぁ、的にもね。

そこで、そのフレがこう言ってくれるわけですよ。


火中の栗を拾いに行くのは「優しさの裏返し」だとね。

フォローしてくれたんだと思います。
それこそ、そう言ってくれるあなたの方が優しい(´Д⊂ヽ


ものは言いよう。

同じことを表現しても、言い方ひとつで印象は変わる。


先日PTを組んだ時に、フレが自分のフレに私を紹介してくれたのですが、その時にこんな風に私のことを表現したのです。

「(ショコタンは)思慮深くてね」


すごく驚いて、しばらく固まってしまいました。

思慮深い、というこの単語が、その後何日も経ってもこうしてずっと頭に残っていて。
そんな風に言われたのは初めてです。


私が人からよく言われるのは、「考えすぎ」。

この「考えすぎ」という表現は、「すぎ(=過剰)」という部分からも分かるように、否定の意味合いを含んでいます。


考えすぎ

すぎるのは良くない

考えすぎるのをやめてもっと気楽に行こう!


「考えすぎ」と発言した本人にとっては悪意も何もないはずの言葉なんですが、受取り手側からすれば、これは「こういう思考しかできない自分を否定された」という意味にもなりかねんのですよね。

100人の人がいたら100人全員が「考えすぎずに気楽に騒ぐ」タイプじゃなくたって、いいじゃないか。
100人中2・3人くらい、考えすぎるような奴が含まれてたって、いいじゃないか。


(相手を否定する行為というのに対して過剰に反応してしまうもので、その辺で以前、指示厨・効率厨のフレの話を書いたことがあったんですが、検索流入が意外とあったんですよね。
今、その内容は公開しておりませんが。
需要があるテーマなんだろうな、と思っています。またいずれ、書くつもりです。)


一方の「思慮深い」ですが、こちらは否定の意味合いで使われることはきっとないと思います。
肯定寄りの意味合い。

しりょぶかい【思慮深い】( 形 )
物事を判断する時の態度が、緻密で慎重である。


「考えすぎ」も「思慮深い」も、どちらも同じ人の同じ性格のことを言っている。


ものは言いよう。
「考えすぎ」と言えばそれは否定にもつながるけど、それを「思慮深い」と言い方を変えただけで、相手を不快にさせずに同じことを表現できる。

言葉を選ぶのは脳の一瞬の判断ですが、そこには発言者の言葉選びのセンスやそれまでに培った語彙力、相手への配慮なんかも含まれての一瞬、な気がします。


「最後の一言が余計」
「口に出す前に一呼吸おけ」
とよく言われる私なので、「ものは言いよう!」を心に留めながら、相手に配慮できる自分でありたい。


=====================================

写真成分が(チャット画面くらいしか)なかったので、最近作ったドレアでもまた貼っておきますよ!

f:id:hukusyu:20180811144809j:plain
f:id:hukusyu:20180811144810j:plain

どちらもピンク寄りになってしまった。


今日から連休~。
時間があるうちに、書きたいこといろいろ書こう。

毎日更新できるかな!?

救いのエッセンス

ここの過去ログ読み返してみたら、以前はかなりまともなブログだったんだなってww
星ドラのこと書いてた頃ね。

攻略っぽいことまでちゃんと書いてあったりするし!
今よりも愚痴成分が気持ち少なめで、読みやすかった…ような気がするw あくまで自己評価だから何とも言えないけど。
その代わり、当時の勤務先(で働く人々)に対する愚痴はすごい多いけどw 結局愚痴かよ!


今はこれもうさ…何なの?この状態はw
去年、DQ11のこと書いてた頃はまだマシだったよね。まだブログっぽかった。体をなしていた。(?)

あれか…ドラテン関わると病むのか…人はやっぱり…www


…えっ、私そんなに病んでるかなぁ?
旧キャラ時代より、全然まともなんですけどねこれでも。
まぁ中の人が変わってるというか、頭がおかしいから(自覚はしている)、普通の人から見ればかなり異端児なんでしょうけどもね('A`)マアイイサー



前回の「私信」に早速コメントをいただきました。
ご確認いただけたようで何よりです。


非公開希望、とは書いていなかったので本来なら公開すべきなんでしょうけれど、投稿者のハンドルネームが=ドラクエのキャラ名そのままでしたので、公開せずにおきます。
本人はそれも込みで別に公開しても構わないよ、と思っていたのかもしれないんですが、私自身がそれはしたくないので、申し訳ないんですがご理解ください。

一方的に自分の言いたいことだけ言って、相手の言い分は都合悪いから隠す、的な結果となってしまい、何だか自分が卑怯者っぽく思えて本当は嫌なんですけどね。
自分の書いたものならいくらでも編集できるんですが、人から頂いたコメントの投稿者名までは編集できないのですよ。(さすがに、それができてしまったら捏造やり放題になってしまいますものね。


書かれたコメントの内容に対しては色々と思うところはありますし、大いに反論もしたいですけど、そんなことをここでやっても意味がないのでやめましょう。
一対一の会話ができたことで、一応は完結した話です。


===========================================

最近ずっと、インしても独りでいることが多い。

↑割とどうでも良いことなんだけどね、「1人」って書くよりこの「独り」って表現が好きなのすごく。分かる人いない??


今までは、夕方の帰宅と同時にまずサブキャラでインして、自キャラと姉ちゃんの畑に水まき。
週課・月課的なものがあればサブキャラ分を先にやってしまう。(日替わりは朝に終わらせていることが多い

サブが終わったらメインでイン。←これは「常にログアウト表示」がほとんど。
なぜかというと、我が家の夕飯タイムは21~22時の間に始まることが多いのです。
家の人が揃うのが遅めなんですね。


夕飯前には一旦落ちることが決まっているのに、中途半端な時間帯に普通にインしてしまうと、挨拶面倒臭いじゃないですか…。
2つのルームに入っているのです。その両方に「こんばんわ~」。
そして1時間足らずですぐ落ちるので、「一旦落ちますね~またー」とか声かけてかなきゃなんない(´_ゝ`)メンドゥ…

それに万が一、何か時間のかかりそうなコンテンツに誘われてしまったりなどしたら…(((;゚Д゚)))←断れない性格の人


なので、20時過ぎには一旦ログアウトして夕飯の支度、夕飯が済んで22時前には「ログイン表示する」で堂々とログイン(メインキャラ)。
って感じだったんですけどね。今までは。


最近はインの時間もだいぶ遅くなって、帰宅後~夕飯が終わるまでの間にインすることはほとんどなくなりました。
22時過ぎ、遅いと23時過ぎ頃になってようやく、メインキャラで顔を出す感じかな。


帰宅後何をやってるのかと言うと、こうして何か書いていたり。(頭の整理、または体育館に下着を並べる作業とも言う

Twitter眺めてたり。

ドラクエブログ見てたり。


今継続して、ジェリーさん・イコプさん・ぶちょーさんのブログ(みきプル込みで2つ並行)を見てるんですよね。当然ながら、むらはるむいも!(←もはや何周したのか分からない
スマホでいくつもタブ開いてそれぞれのブログ、PCでもタブいっぱい開いてとっかえひっかえ、枕元にある旧スマホWi-Fi通信専用機)でも同様に。
よりどりみどり。

みきプルの件とか今さら知りましたw 才能しか感じない、凄すぎるw
真相を知らずに当時あれを見続けていた人はきっと相当驚いたんでしょうけど、私は最初にネタばらしありきで読み進めてますが(新しい方からさかのぼって見ていってる)、それでもね…これを書いた人の実態は…とか思うと…Σ(゚Д゚)
夜中に大爆笑ですよwww


かなり今更感ありますけど、私すごく時代遅れ人間なのでねぇ(´ー`;)
昔はブログなんて、全然見ていなかったもので。

でも、いつになったって良いものは良い!



…そう、それで、話を元に戻すと、インしても22時前とかなんだけど、最初はたいていサブキャラのカリン様でおります。
メインキャラではやることがだいたい落ち着いたので、メインでインしても「お付き合い」とか「誰かと話しに行く」だとか、そこら辺が目的です。

「やることないー」「スカスカー」「運営ガー」って騒ぐ人がよくいますし、そんな感じのことを書き置きに書くフレもいれば、Twitterのフォロワーさんにもそんな感じの人がいて、TLによく流れてきたりします。
何に対しても文句言う人は、どこにでもいるよねw
与えられた範囲内で工夫して遊ぶ、っていうことが嫌いというか出来ないとでもいうのか。


今のドラクエに対して「やることない」とは思わないけど(やることは探せばいくらでもあるし、作れるし)、サブはサブでメインとはまた違った愛情を注いでいるので、そっちもちゃんと育てたいな、というのが理由です。

カリン様がね…これまた…可愛くてねぇ(´Д`*)

自慢のドレア、ちょっと置いときますね。無課金ですよ。(←ドヤりたかっただけ

f:id:hukusyu:20180806070900j:plain

f:id:hukusyu:20180806070859j:plain

f:id:hukusyu:20180806070901j:plain

プク姿のは、ルイージコス。
マリオコスの姉ちゃんとお揃いです(`・ω・´)ゞ


ストーリーは全部終わったので、職業クエとか、その他全然手を付けていないクエストをちまちまと片付けています。
装備なんて買ってやれないので、全部フィールドからの拾い物。ひどいと皮装備混じりとかw

サブっ子達はフレが少ない(10~15人程度)ので、基本ソロプレイなんですよ。
私は「誰か一緒に遊んでくれる人いないと(´・ω・`)サミチイ…」とかいうタイプではないので、ゴリゴリとソロでやったりとかも出来ます。延々と。


でも、ね。
22時過ぎると、インする人も増えるから。
会って一緒に遊びたい人も、いたりするしね。


…とか言いながら実際には、せっかくメインキャラでインしても、なぜかずっとボッチでいたりとかする。

何だろなー。
人と関わるのが妙に面倒臭いとき、あるじゃない。
そういう時期が、ずっと続いてる。ここ1ヶ月くらい?


人からの誘いを断ってまでボッチでいる訳じゃないんだよ?
あくまで、「自分から人を呼び集めてまでPT組まない」って程度のこと。

そもそもあんまりないけどね、誘われること自体が。(ノД`)ウウウ…

でも、呼ばれたらホイホイついて行きますよ。割と何でもね。


以前にも書いたんですが、「誘ってくださーい」って言う人が、ちょっと苦手なんです。
書き置きにしょっちゅう「誘ってねー」と書き、PT組んで解散後には「また誘って~」と言う。

…いや、語弊のないようにちと訂正すると、「完全受け身」の人がダメなんだ。


私はそういうとき、こう言うようにしてる↓

「また遊んでね!」


どっちから誘ってもいいんだよ。
私から誘ってもいいし、あなたから呼んでくれてもいいし。


でもさ、それが毎回「誘ってねー」になるの?
誘い役は毎回、私ってことになるん??


そう発言する人って、ほぼ100%、私を誘ってくれることはありませんw

悲しいかな、ウケミンの溢るる世界…。


こういうのがエア化の一端となる。
私が誘わない限り、どんどんエアフレが増えていく。


最近このようにあえて自らボッチでいるので、「この人とずっと組んでないなー」って感じの人が非常に多くなりました。

でもなぜか…自分から誘いに行く気にはあまりならない。



どうせ、ね。


所詮、赤の他人だよ。


私がいなくたって、誰も困らないし。
呼んでもくれないし。ウケミンばっかだし。

バカみたいに「いいね」爆撃とかしても、向こうはこっちをちゃんと見てくれている訳じゃないし。
どうせ「(どうでも)いいね!」なんだろうなぁ。(←お互い様か…

どうせ、いつか裏切るし。
すぐフレ切られるし。

「俺のことは信用していいよ」
「私は最後までいなくならないよ」
そんな風に言っていた友人たちは、例外なく全員去って行った。

そんな事を軽々しく言う奴ほど嘘くさい。

すぐ手のひら返すし。
愛情は、翌日には憎悪。
本当に同じ人か?と思うほど、態度は180度裏返るもんだ。

な~にが、フレンドだよ。
絡みもしないのに。笑っちゃう。
すぐ切るくせに。バッカバカしい。



なんか変なやさぐれ。


誰に対して?


…いや、誰にということはないな。

何だろうね、こういう人多くない?
誰ってことはないんだけど。


人から見たらきっと、自分だって周りにそう感じさせる一面はあるだろうになぁ。

なんとも自分勝手なものだな。


それでもいつの事だったか、こんな風にやさぐれた本音を漏らした私にある友人が言ってくれた、こんな言葉。

「人と深く関わらなければ、嫌われもしなけりゃ好かれもしないけどな」

それはそれで寂しいもんだよ、と。


「私嫌われもんだからな~」
「自覚してるし、昔からなもんで慣れてるから別にいいけどね…」

と言ったら、自分なんて200人近くフレがいるけど、こんな風に色々話すのはしにたん(=ショコタン=私のこと)を含め数人だけだな、と。

しにたんは自らフレに関わりに行くから、嫌われることもあるかもしれないけど、その分好かれていることだって多いだろうよ、と。


…な~るほどね。



また別の友人は、こんなことを言っていた。

「人間嫌いって言う人ほど、実は人間好き」


そもそもが人一倍人間好きだからこそ、人間嫌いになるんだからね、と。
好きでもなければ、嫌いになるまで観察したり執着したりしないよ、だそうだ。


…一理あるな!


こんな言葉をくれたお2人、ありがとう。
なんか救われたよ。


私は根暗人間なんで、こうやって少しずつ、誰かが発した言葉に含まれる「救い」のエッセンスを見付けては拾い上げて、それを大事に大事に心の中にしまっておくのです。
そしてこうやって時たま思い出して、「ありがとう」って思う。

言った本人にとっては、その場で忘れてしまっているような事なのかもしれないけどね。


自分もそんな風に、誰かの心に刺さる言葉を言えたことが、今まで一度でもあったのだろうか…。


===========================================

いつも遊んでもらっているルームで初のイベント、花火大会がありました。

f:id:hukusyu:20180806070902j:plain

多目的ゆるゆルームで雑談が多め、ガチな戦闘もしない訳じゃないがそればかりという訳でもない、そんなユルさなんですが、基本皆仲良いです。

でもやっぱり、ここもウケミンが多いので…w
主すらあまり乗り気じゃないし、このルームではイベントとか一度もやったことがなかったんですよね。


ある1人が唐突に「花火大会しようぜ!」と言い出したことから始まりました。


プレイヤーイベントとかは、あまり行かないタイプです私。

でも、正月のルム発足&参加から8ヶ月。
メンバーの入れ替わりも多少はあるけれど、気軽に冗談も言い合える、気の置けない間柄。

そのメンツでの、初のルムイベ!
すごく楽しみでした。


やることと言えば、集まって白チャとしぐさで騒ぎながら、ただひたすら花火を打ち上げて、写真を撮るだけw
ほんとそれだけです。

それだけなんだけど…

f:id:hukusyu:20180806070903j:plain

f:id:hukusyu:20180806070904j:plain

もうね。


クッソ楽しい!!!!!

(あ、言葉が汚くてゴメンナサイ…根っから口が悪い子なので(´・ω・`)

f:id:hukusyu:20180806070905j:plain

解散後~翌昼にかけて、参加者の半分もが今回のイベに関する日誌を書いていることからも、どれだけ皆が心から楽しめたかが伝わるかと思います。
書き置きも花火大会のことだらけだった!


やっぱあれだね、うん、
イベントは、内容よりも、

一緒に参加する人!!!(゚Д゚)ソレダ!!



このイベの開会挨拶ってことで、ルム主が少し、ルム発足から今までのことを話したりなどしたのだけど。


主「ルーム立ち上げからはや8ヶ月」
 「相変わらずのゆるゆるで」
 「私も自分から積極的に誘う方じゃないし」
 「誘いをかけるのはいつも、しょこただけ!」

※しょこた=ショコタン=私のこと。


!?


おおおおお~
88888888
いつもありがとー!

などと、なぜか賛辞を浴びるΣ(゚Д゚)


…あ、でも、皆自覚あったんだねww 自分達がウケミンだっていうね…。

ほんと私、やることないとガツガツ人集めするんですよ。
なんで皆、受け身なのかしら…。誘われ待ち~なスタンスなのかしら…。(誘いに乗るほうが楽だもんね…それは分かる、分かるけどっ


まあ、でも、ね。
こんな一言にも、また私はほんのちょっと、救われたりするのです。

居場所がここにあって良かったな、と。


もしかしたら、いずれなくなる居場所かもしれない。
今はこんなに平和に見えていても、いつか揉め事が起こって、解散してしまう日が来るかもしれない。


それでも、ね。
今はこうして、目の前にある訳だから。


今の環境と、今の友人たち、そして彼らが少しずつくれる「救いのエッセンス」の言葉を、大事にしていこう。
今、この瞬間はね。


例えいつか、裏切られる日が来るとしても。

私信

見る人も少ないし今後もそうであって欲しい当ブログなのだが、一応アクセス解析的なものを導入している。
広告を貼っている訳でもないのでマーケティング活動に活かそうとかそういう目的ではなく、単純に「面白いから」である。


どこからどんな人が、どんな検索ワードにつられてやって来るのか。

すべての検索ワードが解明できるわけではないんだけど、ある程度「需要があるテーマ」というのは推測出来たりもする。
いずれ、その「需要があるテーマ」についてでも触れてみようかなと思います。


どこからどんな人が、ってのは、市区町村単位のこのレベルで把握できる。

f:id:hukusyu:20180731203140p:plain

どこに住んでいる誰が見に来たか、なんて仮に分かったところで、今の私にとってはほとんどが「( ´_ゝ`)フーン」でしかないのだが、そうではない場合もある。


一番下の、Na◯◯◯。

これだけで、誰のことか分かった。
この文章をいずれ読むかもしれない本人にも、おそらく伝わるかと思う。


この画像を解読すると、こんな結果になる↓
「Na◯◯◯」に住む訪問者のうち初回訪問は0(つまり、以前にもここを見たことがある)で、ある一定の期間中に5回訪問。
1訪問当たり平均3.6ページを、平均6分かけて閲覧。

ざっとこんな感じ。
アクセス解析、怖いでしょう?w


私は聞かれない限り自分の住む地域のことはドラクエ内では明かしていないけど、「自分はここら辺に住んでるよ~」というような話題になることは、度々ある。
そうやって自ら情報開示するフレがいたりすると、その地域によっては、ここへのアクセスをこうして特定出来てしまう。


しばらく前に私&私周辺の共通のフレ達をごっそりと切って、Twitterもブロック&鍵をかけて、自分の広場も非公開にして去って行った元フレである。


=============================================================
私信1:「Na◯◯◯」に住む人へ


切られる要素というか、予測というか、そういうのはあったので特段ショックを受けたというようなこともなかった。
サブキャラから貴方を先に切ったのはこちらの方だったし。


我々に対する無関心さ(会話に混ざろうとしない、関与しようとしない、相方とずっといるだけ)を理由に、このままでは何も楽しく遊べないね、ってことで抜けてもらうことになった。

結果は、前述の通り。
→根こそぎ縁切り&ブロック・鍵垢&非公開で一切の交流を遮断。


切られるとは思っていたけど、そんなやり方をするとは思っていなかったから唖然とした。


簡単にフレを切るような人の心理は、正直理解できないんだ。ごめん。
私を切るのは別に構わないけど、「後味悪りぃからショコタンと絡みのあった共通フレもついでに全部切っちまえー!」みたいな考え方はね…。


Twitterブロックして、見に来られないよう鍵垢にして、満足した?

こちらからは貴方の情報を一切見られなくなるけど、私はTwitterを鍵垢にしていないし、こうやってブログも(コソコソと)公開したりしているから、貴方からはこちらの情報は、つかもうと思ったらつかめるもんね。


だからこうして、ブログを見に来たんでしょ?


気になったんだろう。
逃げ出すような立ち去り方で終わって、どんなにか悪しく自分に対する罵詈雑言を書かれることか、と。

もし私が貴方の立場だったとしても、きっと同じことをするだろうから分かる。
跡を濁しながら去った鳥は、その跡がどうなったかを確認しに必ず戻るはず。


以前Twitterで交わした会話で、「戻ってショコタンと遊べば絶対に楽しいっていうのは分かってるんですけどね^^」「こうしてTwitterであらかじめ会話しているから、間違いなく気が合うっていうのは分かり切っていますからね」「当時はそんな風に思える相手がいなかったんですよねw」と言っていた。


今だから言う。
私はこの言葉を聞いたとき、軽く危機感を覚えていた。

ああ、この関係は、いずれ遠からず破たんを迎えるんではないだろうか、とね。


始まりからプラス面ばかりを見つめてスタートする関係は、減点方式にしかならない。
あとは坂道を転げ落ちるだけ。ただ幻滅していくしか辿る道はない。

Twitterやブログから想像していたショコタンと実物は、全然違っていた」ということなのだろう。
期待していたほどショコタンって別にイイ奴ではなかった!と。


「ショコタンブログのファン」と言ってくれたことがあったけど、私はこれにも同様に危機感を感じていた。

ファン、なんてのは私ごときには行き過ぎた表現かと思うけど、今のこの結末を見る限りでは、結局のところファンでも何でもなく。


大きく見積もりすぎていただけ。

期待が大きすぎただけ。


実際のショコタンは、ブログやTwitterのイメージ通りの人でも何でもないよ。

人より少し根暗で腹黒い、そんじょそこらにいるただの人間の1人にすぎない。


それでもこうして見に来てくれたことに対しては、感謝を述べておく。
過去フレのブログにまでわざわざ時間を割いて見に来てくれて、ありがとう。


フレになった頃に渡していたもの、正直なところ、返してくれるのかなと思っていた。
そのくらいの良識と理解力はある人かなと。
だからメインキャラだけ切らずに余地を残しておいて、用事が済んだらそちらから切ってくれればいいかなと思っていた。

返したくなければそのままでもいいよ、と言って渡したのは、貴方と「フレンドだったから」に過ぎない。
今後もフレンドでいたいと思っていたからだ、「その当時は」ね。

そのくらいは分かるよね?


でも「返したくないから返さねーよ(゚д゚)ザマーミロ」という主張だったとしても、それはそれで一理あるし、こちらとしては文句を言う筋合いもない。


それでもまだどこかに良識があるのなら…と1mmの期待を残しつつ、郵便受けの権限を解放しておきます。
住所はここの過去ログに載せています。課金始めた頃だから、去年の10月くらいのかな。

良識がないのなら、それはそれで。


…とここまでは私の一方的な意見に過ぎないので、異論反論OBJECTION等ありましたら、ここのコメントにでも書いてください。
長文も書けますから。
承認制になっているので、即座に公開はされません。
非公開をご希望でしたら書き添えてくれれば、私だけが読んで心に留めます。


=============================================================
私信2:遊んでくださる皆様へ


ジェリーさん夫婦とご一緒していただける機会があり、最高に楽しかったです!!!

f:id:hukusyu:20180801182731j:plain

ジェリーさんもブログを書かれていて(故に、こうしてお名前を公開させていただいております)、最近少しずつですが過去ログから1つずつ読み進めています。

とても面白くて、夜に読み始めるとやめられなくなり、なかなか寝られませんw
皆さん、文章上手なんだよなぁ~。ほんと尊敬する…(>_<)


f:id:hukusyu:20180801182732j:plain

時間も時間でしたので迷宮1周分のみでしたが、またご一緒できる日を心待ちにしております( *´艸`)

お2人とも私のブログの存在などご存じないと思うので、ここを見てくださる日が来るのかどうかも不明ですが、万が一・いつか流れ着いたときのために…と思いまして、こうして感謝を述べさせていただきました(`・ω・´)


こんなに嬉しい機会を作ってくださったむら様、本当にありがとうございました(>_<)


=============================================================
私信3:親愛なる姉ちゃんへ


今回のこと、大変だったね。

正直に言って、事のあまりの重大さに、何と言葉をかけたら良いのかも分かりません…。
あまりにも驚きすぎて、私はただオロオロするばかりです。


「頑張って!」とか「元気出して!」とか、そういう無責任な言葉は嫌いなので、口先だけの励ましは私には出来ません。

どんな言葉で伝えたら良いのか、考えども考えども一向に思い浮かばなくて、つい無口になってしまいます…。


でも、ひとつだけ言えること。

姉ちゃんのどんな話でも、私はいつでも聞くからね。


何か心にモヤモヤが溜まったら、いつでも言って。

話したくなったら、でいい。
話したくない時は、無理に話す必要なんてない。


気が乗らない時にまでインしなくてもいい。
無理やりに楽しもうとしなくてもいい。
変な義務感を感じる必要はない。


本当に来たくなったら…その時はまた、いつも通りに仲良く騒ぎながら遊ぼう!

f:id:hukusyu:20180801182734j:plain


ショコタンは、姉ちゃんのズッ友です。

承認欲求と闘う

「ブログ書いたよー」的なものをTwitterに流さないようになって、アクセス数がガクッと減りました。
以前流していた頃の1/5~1/3くらい?


ウンウン。イイ感じ。
こんくらいで丁度良い。ハァ~心地良い…(´ー`*)

誰も見てない今のうち…とか思えば、書くペースも上がりますってなもんですよ。

|∧∧
|・ω・)    ダレモイナイ...
|⊂     クソブログ コウシン スルナラ イマノウチ...
|


…とか思っていたら。

f:id:hukusyu:20180730181514p:plain


・・・((((;゚Д゚))))


元に戻っちゃってるやん!!!


なんでやぁあああああああああ(´Д`;)


こんなの誰も見んでええねん!!
こんな、愚痴しか書いてないんだから…万人向けじゃない、ただの大きな独り事なんだから…( ̄д ̄;)

堂々と世間様に胸を張ってお見せできるような、大層な代物ではない。


なんか、前回書いたものにエレカシの曲を貼った部分が、はてブロトップのここに引っかかったりだとか。

f:id:hukusyu:20180730181513p:plain

そんな予測もつかないところから流れてきちゃったりもするんですね((((;゚Д゚))))オソロシイ…


あとは最近、イコプさん(DQ10ブロガーさん)のブログ見てるんですよね。
こっそりと読者になってみました。同じはてブロつながりということで…。
Twitterをフォローする勇気まではなく、まだフォローしていませんが…(TLに流れてくるのでいいねだけは押してます|゚Д゚)))コソーリ!

f:id:hukusyu:20180730182302p:plain

そこから流れてきちゃってる人までおるやん!!Σ(゚Д゚;)


あばばばばばばば((((;゚Д゚))))

↑嫌なら自分が読者になったり☆を押したりしなければいいだけの話…


Twitterもヤバイことになってます。

これ、通常のつぶやき。
ほんとどーでもいい、誰も見ないような私の平均的なつぶやき↓

f:id:hukusyu:20180730181512p:plain


それが、知名度の高い方々からいいね・コメント等をいただくだけでこうなる↓

f:id:hukusyu:20180730181517p:plain

あばばばばばばば((((;゚Д゚))))
10倍やん…(>_<)ヒイイイイイ


・・・な~んて日々ギャーギャーと騒ぎながら、それでもこうしてアクセス数なんかを気にしたりして|д゚)チラッ


誰も来なくていい!見ないでくれ!
とか言いながらも、こうして書き続けたり。

拡散しないでほしい!
とか言ってるくせに、じゃあなんではてブロ?っていう。
↑これは前身ブログ時代の名残りだからしょうがないのだ…許しておくれ…許しておくれ…(´Д`;)

はてブロは検索にとても強い(検索結果で上位に来やすい)ブログと言われております。


なんだなんだ、何なんだ。
めちゃくちゃ矛盾しているな、自分!Σ(゚Д゚;)


========================================================

Twitterとか、いわゆるSNSの類をやっているとよく耳にする単語で「承認欲求」というものがある。

簡単に言うと、「人から認められたい!」という願望のこと。


マズローという心理学者が唱えた「欲求5段階説」というのがあり、それによると人間の欲求にはいくつかの段階があると言う。
知っている方も多いと思いますが、念のために一応書いておきます。


欲求の段階は下から、

生理的欲求(睡眠・食事・排泄等、人間らしい生活を送る上での基本要素)

安全欲求(安全・安定・健康でいたい)

社会的欲求(他者と関わりたい、集団に帰属していたい)

承認欲求(自分を認めたい、他者から認められたい)

自己実現欲求(自分が本来あるべき理想的な状態の実現を目指す)

となっており、ある一つの(低次の)欲求が満たされることで初めて次の欲求が出現する。


平均的な日本人なら、一般的な生活を送る限り「社会的欲求」までは既に満たされていることが多いので、その次の段階の「承認欲求」のところで足踏みする人が多いのだろう。
自己実現欲求まで至る人数は、割合的には非常に少ないと言われている。


…とここまでは、遥か昔に学んだ話。(そういう分野のゼミに所属していた

「承認欲求」なんて単語自体、知ってる人がいなかったよ、当時はね。


承認欲求には「自己承認(自分で認める自分)」と「他者承認(他人から認められる自分)」があるのだが、今日よくSNS界隈で話題にされる承認欲求とは恐らく、後者を指すのだろう。


今の自分に身近なTwitterを例に採ってみる。
インスタやってる人ならインスタ、Facebookやってる人ならFacebookに、それぞれ置き換えればよろしいかと思う。


「どこどこ行ったよ~!(写真)これ食べたー!(写真)ウマーイ!(゚Д゚)インスタバエー」

ドヤー
リア充(゚Д゚)ドヤー

いいねくれ!
リプをくれ!!
コメントくれ何か反応をくれぇえええええええ!!!


つながりが水平方向に広がっていく(=自己完結で終わらない)SNSをやっていると、得てしてこんな風になりがちである。
他人からの評価を求めての、ネタ探し。

自分による自己表現、ではなくて、「他者から見られる自分」を表現しているだけなんだよね。



昔から、SNSの類とは相性が悪かった。
Twittermixi、いずれも肌に合わなくてすぐやめた。
特にmixiは駄目だったなー。
ハンドルネームでも誰が誰だかだいたい想像がついてしまうので、知らなくてもいい知人の本音や、隠された日頃の行いが分かってしまったりとかしてね。
見ない方が幸せ、ということも多々あるのです。

今こうしてこんな風にTwitterが続いているのは、SNS嫌いの自分としては本当に珍しいというかあり得ないこと。
ゲームのキャラ垢だからきっと良かったんだろうな。リアルの知人とは絡んでないしな…。


Facebookに至っては、本名登録で個人情報を自ら晒しに行くだなんてなんて信じられないっという古いタイプの人間なので、偵察用に適当に垢を作って覗いてはみたが、ひたすらリア充自慢合戦が繰り広げられている状況に嫌気がさし、そのまま放置。
ただし、偵察用としては非常に面白かった。スパイ活動には大いに役立ったw
もう二度と開く気すら起こらないけど…(パスワードも忘れたよ


SNSって、意図せずともマウンティングになりがち。
自分に都合の良いことしか書かない。
綺麗なところ。美しいところ。楽しかった事、面白かった事。

醜い部分、黒い部分を出していく人もいるし、そういう用途もありっちゃありだけど、まあ少数派だよね。


言ってみれば、こうしてブログを書く行為なんてのも、承認欲求の一つの形なのだろう。
ネットが普及する前は、日記なんてのは人様に見せるようなものではなかった。
鍵付き日記帳なるものがあるように、それこそ鍵をかけて自分の心の奥深くにしまっておくようなものだった。

いつでも誰でも簡単に、自分の創作物(文に限らず絵や曲や動画など、種類は色々あるだろう)を全世界に公開できるようになり、誰しもが当たり前に「表現者」となり得る時代になった。

「せっかく私が創り出したもの、見て!」


そしてその、溢れ返る「表現者」たちが気にするのは、「他者から自分がどう評価されているか」。

ネットのおかげで比較が容易になり、周りと比べることが何かと多い世の中。
人から認められること=他者承認を多数得ることによって、「周りからもこんなに認められているんだから、きっと自分はすごいヤツだ!」と自分自身を認められる=自己承認につなげたいのだろう。
※自己承認は他者承認よりも高次と言われています。


承認欲求に対して視覚的にも分かりやすく表してくれるバロメーターが、SNSにはちゃんと用意されている。

いいね!の数=認められた数。
フォロワーの数=自分のことを評価してくれる・認めてくれる人数。
コメント・返信の多さ、リツイートの数。


いいね!がたくさんついたからって、果たして本当にそれは認められたということになるのか。


例えば、こんなことがある。

「◯◯さんが冒険日誌を書きました」←スマホツールの通知


なになに…うわっ、またお前かよ!
昨日も日誌書いてたばっかじゃん…。書きすぎやねん(゚Д゚)ウゼェ…

ドレア日誌?
昨日のもドレア日誌じゃなかったっけ…。
やっべ、昨日のとどこがどう違うのかさっぱり分からん!オラには全部おんなじに見えっぞ!

…でも「一応」フレンドだし、「一応」反応だけはしておくか…。


どうでも「いいね!」


…こういう人、意外と多いと思うww
お付き合い「いいね」。

あとは、「互助いいね」とでも言うのかなw
相手がいつも押してくれるから、申し訳ないのでなんとなく…的な。
はてブロ界隈でよく使われるブックマークにはこの要素が非常に強く、そうやって互助し合ってアクセス数を稼ぐのだとか。実にくだらねぇww


つまらないよね。そういうのって。
なにが「いいね」なんだろう。
「いいね!」という名称でそこに用意されてしまっているから、押すか・押さないかの選択肢しかないんだけどもさ。

本当に「いいね」と思えるものだけにいいねをしたいし、どうでもいいような人にはフォローもしたくないしされたくもない。


フォロワーさんのある1人に、自分のフォロワー数が増えた減ったを異様に気にする人がいる。
その人のフォロワー数は4千人超もいるのに、「今のつぶやきで◯人減ったぁ~」とか毎度言ってる。
↑たいていが、下ネタ連発による減少が多いようなのだがw


そんなのいちいち気にして、どうするんだろうね?
そもそも4千人以上もいる状態で、何人増えた・減ったを把握していること自体がすごいけど…。

4千人の全員が、自分を本当に好きでいて心の底から認めてくれている人なわけないじゃないか。
「自分のフォロワー数を増やしたいからフォローする!(互助)」な人かもしれないじゃないか。その減った人ってのは。
そんなフォロワー、むしろ減ってくれて好ましいくらいじゃないか。

自分を切ったたかだか数人(の赤の他人)に影響されて一喜一憂するだなんて、なんとも馬鹿馬鹿しい話じゃないか。


本来の意味は何なんだろうな、と考える。
自分が良い・楽しい・面白いと思ったことを共有しよー!的なのがSNSの本来の使い方なのだとしたら、そんな風に「人の目にどう映るのか」を計算しながら続けていくSNSにはもう「自分の姿」はなく、本末転倒である。



一昨年末、NHKにてドラクエの特集番組があり、堀井雄二さんがよく使うセリフ「人生はロールプレイング」について少しお話しされていた。


人生はロールプレイング。
他の誰でもない、あなたが主役の物語。
自信を持って生きてください。人と比べたりせずにね。



それまで私、このセリフは「人生は何度でもやり直せるよ」的な意味かと勘違いしていたんです。
でも違っていた。

人と比較せずに、自分が主役になって自分だけの人生を生きよう!
と、そういうメッセージだったんですね。


堀井さん、憧れの人物です。
あんな風に好きなことを好きなだけやって、それがちゃんと仕事になっている人生。素晴らし羨ましい。

========================================================


チャットでコミュニケーションを取りながら人と絡むオンラインゲームは、SNSにとてもよく似ている。
きっと同類のものなんだろう。


ドラクエ内でもそんな風に、「人から自分がどう見られているか」を気にしている人は割と多い。
多いと言うより…むしろそれが普通なのかもしれないけどね。


こんな強いボス倒せましたー!
こんなに速いタイムで倒せましたー!
こんな変則構成で勝てましたー!

自慢のドレスアップ見てー!
渾身のハウジング見てー!


口に出してそう表現する、その根底にあるのは「俺tueeeeeeee!!!」だったり「僕イケメン!」だったり、ある意味では承認欲求が原動力でもあるのだろうな、と思う。

人から上手い!強い!と思われたいし、カッコイイ!カワイイ!スゴーイ!とか思われたいもんね。
何も悪いことはない。至って普通の感覚。


承認欲求のためにゲームをやっている訳ではないんだけど、リアルな日常の方では満たされにくい承認欲求を、比較的手が届きやすい範囲内で充足してくれやすいのがオンラインゲーム。

オフゲをやっているだけならきっと、こういう感覚はあまり生まれない。
人との比較が発生するオンゲだからこそのものなんだろうな。



まるで自分だけは承認欲求とは縁遠い、超越した世界にでもいるかのような口ぶりで書き続けてきたが、実際の私はいつもこんな風に思っている。


いいねくれ!
もっといいねをくれよぉおおおおお!
リプくれコメくれぇええええええ!

あんたが書いた日誌にさんざんコメント書いてやったじゃん!(恩着せ
くだらないツイートにもあんだけいいねしてやったじゃん!(互助
それなのに反応なしかよ!

もっと!もっとだ!!
評価してくれぇえええええええ!(>_<)


…で、いいね返ししてくれないような人には意図的にいいねを押さなくなったりとかもするw

正直なところ、人間こんなもんであるw


ああ、小っさい。
人間が小っさいよ自分!


そんなん、誰もがいいねって思うわけじゃないのにね。
フォロワー全員が「積極的にいいねを押すタイプ」なワケないのにさ。
たいてい、渾身の力作ほど何の反応も得られず、何気なしにつぶやいたどうでもいいツイートほど何故か妙に反応が良かったりするw
狙ってやることほど受けない、という証拠だな…。


あーーーーーーむなしい。

悲しい…悲しいなぁ…。
↑この話題について考えるたび、ドルマゲスがいつもこうして語りかけてくる…(゚Д゚;)


なんかね最近もう、日誌もずっと書いてない。
前は10日に1回くらい書いてたりしたんだけど。

結局のところ、ただの承認欲求だよなーとか思ってしまって。
どうせ、本心でいいねしてくれる人なんて全体のうちの何割なの、とか妙に冷めてしまってねw
私の無課金ドレア見てー!ってのも、陰で叩かれてたりしたしなー。叩いた本人は私が知らないとでも思ってるんだろうけど…。(全部拝見しましたよ~頭のおかしな人認定アザースww


日誌で作り物キャラして「ぶって」いるより、こうしてここで誰も見ないであろう「頭のおかしな子=ショコタンの腹黒本音ぶっちゃけトーク」を伸び伸びとやっている方が100倍楽しいなwww

ただの自己満足(・Д・)

賢い愚者と愚かな賢者

ここはショコタンという一個人の愚痴の掃き溜めでしかない、誰かのためではなく完全に自分のためだけの、なんか脳内のごちゃごちゃした色んなものを並べているだけの場所なんですがね。
いつも、オチらしいオチないしw
最初と最後で言ってること矛盾してたり、辻褄合わなかったりするのなんて平常運転だし。
ただの垂れ流しだから無駄に長文だし…(←要約できない人


例えて言うならそう、よく下着泥棒が捕まって、小学校の体育館なんかにブルーシート引いて、何年もの間に犯人が溜め込んだ下着の山を警察が綺麗に陳列してたりする画があるでしょう。
あんな感じです。(どんな感じやっ


我ながらいつも思うんですが、ドラクエブログとか言いながらドラクエのことあんまり書いてないよねwww
いや待って、過去ログにはまともにドラクエのこと書いてある部分もちゃんとあるから!
過去ログ掘りには行かなくていい!行かなくてもいいんだけども!(見ないで~~やめてーーー(´Д`;)


DQ10関係で書いてあるのはたいてい、って言うかほとんど、人間関係ネタなんですな。


ドラクエで遊んでたらなんかこんなことがあった

誰かがこんなこと言った

それに対して私はこう思った

的な。


以前ショコタンとカリン様が会話していましたが、DQ10の面白さはそこにあると思うのです。
人間関係が発生するところ。

他のドラクエシリーズはすべてオフライン、DQ10は唯一のオンライン。


DQ10をやっていて、私を悩ませるのはいつも人間関係だし、それを解決してくれるのもいつも人間関係。
と、以前こんなことを書きました。

これこそがオンラインの闇の部分でもあり、光の部分でもあると思うのですよね。


なーーーんにも考えずに単純バカになって楽しめばいいだけじゃないか。
たかがゲーム、これは遊びだぞ?

と常々思ってはいるんですが、何なのかな、癖と言うのか、


考えることが好き


なんですよね。


1つ1つの物事に対して、「なんでだったんだろう?」「どうしてこうなった?」「もしこうだったらどうなっていた?」と深追いするのが好きなのです。

深追いすることに意味は、多分ないです。
特に結論らしきものも出ないし。(ただただ推測して終わるだけ。要は自己満足。
むしろそんなことしない方が効率良いし、きっとスッキリと終われるはず。


もはや趣味の領域とでも言おうか…。


進学するまで割とフツーに生きてきて、これと言って何の趣味もなく、ただひたすら勉強してるだけの学生だったんですよね。
その勉強漬け生活から解放された世界で出会った友人たちを見て、少し驚いたことがあって。


皆、自分より物事をよく考えているんですよ。


1つの出来事に対して、様々な角度から多様な見方をしている。


「俺はこれこれこんな風に思うんだけどなー。ショコタンはどう思う?」

って聞かれて。
私は、答えるべき言葉が何も思い浮かびませんでした。


特に、何にも…。
なーーんにも考えてない。
何とも思わない。感想がない。


なんだかとても恥ずかしくなって、皆そうなのかなーと。
私だけがこんな風にただ流されながらボケーッと生きてきただけであって、深く探求心のある周りの皆の方が普通なのかなぁ、と。

その頃から、何か1つの事象に対して「なぜなのか?」ってことを無駄なくらいまで考えるようになりました。
考える癖を付けたかったんだと思います。
周りに対する羞恥心か劣等感のようなものが、あったのかもしれない。


考えすぎだとよく言われるんだけど、これは自分の悪いところでもある反面、きっと良い部分もどこか持ち合わせているのだろうと思っています。
どんな風に良い方面に作用しているのかは、よく分からないけど…w

あれかな、「鋭いね」とか「さすがだね」とかたまに言われるくらい?w
慎重さとか?石橋叩いても渡らない的な。(←果たしてそれは良いのか??


なので、「物事を深く考えている人」がすごく好きなんですよ。
そういう人の話を聞くのが好きなのです。
彼らが「次にどんな話をしてくれるのかな~」「どんな言葉を言ってくれるのかな~」と、心待ちにしながらいつも観察していたりします。


深く考えている人ってのは、「馬鹿っぽくふるまっている人」なんです。


バカだなーw ウケルーw
こんな風に言われながらも周りに常に人がたくさん溢れている人というのは、本当に賢い人です。
バカっぽくしているけど、芯の部分の賢さを周りの人たちは(無意識ながらかもしれないけど)ちゃんと察しているから、人が集まってくるのです。
能ある鷹は…というやつですね。

私はそういう、真の意味での「賢い人」を何人か知っています。
やはり他の人とは違うものを持っていますよ。そういう人ってのはね。


そんな、「バカのふりが出来る賢い人」になりたいけどなり切れてない私の、壮大な自己紹介の場ですよここはwww
体育館に並べた下着への御目通し、本当にありがとうございます。
ようこそようこ!!!\(^o^)/(←ネタの古さ


========================================================

リアルの話。

今の職場は2つのチームに分かれている。


私のチームではない隣のチームのリーダーは、私よりもいくつか年下の男性。


この人はまあ、はっきり言って、仕事はよく出来る。
若い割にはしっかりしているし、仕事面での知識も幅広いし、何か問題が起こった時の対処法も的確で指示も素早い。


…で、本人にもどうやらその自覚がある。

「俺はデキル奴」「俺は賢い」と思っている、らしい。


隣のチームにいる私がなんでそんなことを感じるかと言うと、その人の口癖がこれなんである↓

f:id:hukusyu:20180725204052p:plain

「あいつ、バカだな!」


仕事柄、営業部門や他部署、取引先などから「ありえねー」みたいな無理難題を持ちかけられることが多い。

それに対して、二言目にはこれを言う。

f:id:hukusyu:20180725204050p:plain

「バカか!」


誰に対してもバカバカ言う。
ほんともう、常に言っている。
※本人に直接言うわけではなく、相手に対する感想を別な人に向けて言ってるだけ

f:id:hukusyu:20180725204051p:plain

バカかっ!
てめえが自分でやってみろ!
常識がないにもほどがある!


…まあ、そう言いたくなる気持ちは分かるよ。
誰だって、たぶんそう。
心の中では皆、理不尽なことや自分勝手な都合だけを主張してくる相手に対して、同じことを言ってるはずだと思う。
バーカ!死んじまえ!お前自分でやれよ!
と。


「心の中で」、ね。
多くの人はそう。


相手を否定する・蔑む行為というのは、他人の見ている前でやると、それは自分自身の価値を下げる行為になる。

この事をちゃんと理解できていて、おくびにも出さずに‏いられる人こそが真に「賢い人」だ。


「弱い犬ほどよく吠えるw」

↑さっきのTwitterの中の師の発言。


「俺は賢い!」と自覚してそれを表に出していく人は、結局、「賢いフリをしたがるバカ」止まりなんだよ。
この表現だってあまり褒められるような綺麗な言葉じゃないけど、でも、真を突いていると思うんだ。


…ただし、一つだけ擁護する点があるとするならば、「男性と女性は違う」ってところ。

男性は自分の弱いところを周りに見せたら負けだから、ある程度は虚勢を張る必要があるのだと。
特に出世とか、縦社会で生きていく要素が女性よりも強いものね。

だから、いつもニコニコ優しく親切なだけの「良い人」ばかりではいられないと。
時には出来もしないような事をさも出来るように言い張って引き受けて、それを実現し結果を残せるよう陰で冷や汗をかいたりする必要もあるのだと。


そんな風に、いつだったかどこかで男性の本音を聞いたことがある。

男は孤独なんだよ、と。

この町の夜は今日もまた 星より輝くけど
孤独な太陽 男はいつも泣いている

孤独な太陽 by エレファントカシマシ
2001年3月16日 25thシングル。


こればかりはきっと、仮にいくら分かった気になったところで、女の私には芯の部分までは一生分かり得ない感覚である。


うちの職場のアサナギさんもきっとそうなのかもしれないな、と半分生暖かい目で私は遠巻きに見ている。
あんな風に、肩で風を切りながら常に虚勢を張って生きている人ほど、自分に自信がなかったりするものだ。(←これは自分がそうだからよく分かる…

自信がないからこそ、自分を大きく見せたいんだよね。
本当はおちょこのように器の小さい自分を、認めたくないから。



ある日のランチタイム、社員食堂にて同僚たちとの会話。

その日、用事があって数時間遅れて出社したアサナギさんの話題になった。


「アサナギさんっておはよう言わないから、いつ来たのか分かんないんだよね~」


私もいつも、気になっていた。
朝の出社時に、彼にかなり近い場所で「おはようございます~」と声をかけても、返事が返ってきた試しがない。

挨拶しない人なんだな、とは思っていた。


聞けば、

「『おはよう』を返すのが嫌らしいよ」

などと言うではないか。


おはよう~おはよう~、と朝の挨拶が飛び交うのが嫌で、返事を返すのも嫌いらしい。
だから自分からもおはようは決して言わないんだとか。


・・・は???


分からん。
さーーーっぱり分からん(゚Д゚;)


ほんとマジで、何を言ってんのアンタは?
意味不明すぎ。
小学校からやり直そう。いや、幼稚園以下からだ。


「へえ~そうなんだ~」

的に無難にやり過ごしている同僚たちを見て、つい口にしてしまった。


ショコタン「それは何と言うか、社会人としてどうかと思いますよ…?」


一瞬目が丸くなる同僚たち。


シ「自分が挨拶したくないのはそりゃ勝手かもしれないけど、普通の人はそれを見てそうは思わないからw」

 「普通に考えたら、挨拶を受けたのに無視ってのも人としてどうかと思うし、いい年した大人が『自分が嫌いだから』とかいう訳分かんない理由で挨拶しないってのも、どうかと思いますよw」

 「周りからどう見られてるかを考えたら、イチ社会人としてそれはあり得ない」


よくぞ言った!!!
みたいにウンウンウン、っと大きく首を縦に振りうなずく同僚たち。(その場にいた全員
「その通り!」だってさ。


なんだよ。
皆、そう思ってんじゃねーか。

…なのに、誰も本人に指摘はしてあげないし、こうして(何でもそのまま言う私みたいに)おかしいよ!と意見表明する人もいないわけね。
↑こうやってそのまんまオブラートせずに言うから、「正論すぎる」とか言われていつも煙たがられるのであるwww


まあ、食堂で息巻いてただけなんだけどねっ。
別に、アサナギさん本人に向かって言ったわけではありません。
それを考えたらこんな風にさっきから偉そうに語っているけど、私だって、その場にいた同僚たちと何ら変わらない。


私も結局、口先だけの「賢いフリをしたがるバカ」なのか…(´ー`)

うん、まあ、そうね。
そうかもしれない。

========================================================


・・・なんかドラクエとは全然関係ない、中の人の職場の話で終わってしまいましたが…(´-`).。oO

いやこれ実は、次に書きたかったネタへの布石でしてね。
虚勢を張ったりドヤったりする行為の意味について考えたりしていたので、それを書きたかったのです。


そういう人、よくいるでしょう?ドラクエ内でも。
というか、私もそうだしあなたもそう。
誰しもそういうところ、あるはずなんです。


(気が変わらなければ)次回、書きますね。

キャラと実物

先々月くらいの話。

昨年度、社内での業務改善コンテスト的なやつで我が部署がそこそこな賞を獲ったとのことで、賞金がもらえたらしい。
その賞金の使い道をどうするか~という話になり、

・備品を買う(古くなってきた冷蔵庫やら電子レンジやら)
・均等割りして配る

等が検討されたらしいのだが、備品→会社の金で買えばよい、現金支給→15人近くいる人数で割っても一人当たり大した金額にはならない、との理由から、最終的に飲み食い費用として使われることになった。


ええ…結局飲み会なん…(´Д`;)

雀の涙だったとしても配ってくれた方がよほどいい…と思ってしまう私は意外と現代っ子


だってさー会社の近くで飲み会やりますとか言ったらさー。
こっち、車通勤だしさー。わざわざ電車バス徒歩とかで来てまで飲みたいとも思えないしさー。

結局、アルコール一滴も飲まず食うだけ、の参加にならざるを得ない。
※酒には強い方でして…。晩酌は一切しないし、人付き合いでしか飲まないけどね。


車通勤者と電車・バス通勤者が半々くらいの職場なので、車メンは皆飲まずにの参加なのかな?と思いきや、その日だけ自転車通勤に切り替えたり・旦那に朝送ってもらったりなどして結局、私以外の全員が飲んでいましたΣ(゚Д゚)


その、飲みの席で。
宴も中盤、そこそこに場が温まってきた頃。


この職場の中では一番若い男の子(未婚)への、オバチャン連中からの「彼女はいるの?」「結婚はしたい?」攻撃が始まる。(職場飲み会と言えばおなじみの展開


休日は何してるの?的なことを1人が聞いて、その未婚っ子が「ゲームとかですかね~」的な答えをしたんだよね。

え~せっかくの休みなのにゲームするだけ?(←放っとけ
ゲームと言ってもオンラインなんで…結構時間使うんですよ~(タイトル聞いたけど失念したが、確かスマホゲー


未婚っ子曰く、そのゲームの中では自分もあるコミュニティに所属しており、時間等を相手に合わせたりする必要があるのだと。
「もう付き合いも長いので、相手のこととかよく分かってますからね~」


そこに1人が食い付いた。
↓そらもう、この口で、パクッと。

f:id:hukusyu:20180719210443p:plain

マリーン1
「ねーねーねーねー、アタシさぁ!」
「娘の幼稚園のお友達の子のお母さんで、オンラインゲームで出会った人と結婚したっていう人がいたの!」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plainf:id:hukusyu:20180719210445p:plain

マリーン2・3・4、ハネツキ博士
「えええ~~~~!?」

f:id:hukusyu:20180719210438p:plain

1
「話を聞いたらねぇ、相手の人とはずっと同じオンラインゲームで遊んでて」
「それまで実際に会ったことはなかったんだけど、そのお母さん曰く、もう1年以上ものずっと長い付き合いで、」
「お互いのことも全部話し合って分かり合っているから、もう相手のことで分からないことは何もないんだって言うの!」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plain

2・3・4
「えーー」

f:id:hukusyu:20180719210432p:plain

1
「それで、会おうっていう話になったんだって。アタシからしたらもう、その時点で信じらんないんだけど」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plain

2・3・4
「(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン」

f:id:hukusyu:20180719210434p:plain

1
「お互いのことは分かり切ってるから大丈夫ってことで、直接◯◯(我々の職場がある地名)まで出てきたんだって!」
「その子、△△(←失念したけど地方だった)に住んでるのに、その会ったこともない相手に会うためにわざわざ出てきたって言うんだよー!?」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plain

2・3・4
「うわぁ~~~(゚Д゚;)」

f:id:hukusyu:20180719210438p:plain

1
「その子、それまでずっと実家に住んでて、一度も家から出たことがなかったんだって。」
「それなのにそんな、見ず知らずの初対面の人に会うために、△△からはるばる◯◯まで出てきて、」
「しかもその日、相手と会ってそのまま、◯◯に泊まったって言うんだよ!」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plain

2・3・4
「えええ~~~~(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)シンジランナーイ!!!」


その人は結局そのままそこに居着いちゃって、その相手と結婚することになり、子供が生まれて今に至るらしい。


f:id:hukusyu:20180719210442p:plain

1
「そんな、一度も会ったことないネット上の相手に会うためにわざわざ地方から出てくるだなんて、信じらんな~い!」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plain

2・3・4
「(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plain

1
「しかもオンラインゲームの中だけでの付き合いだなんてさ。」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plain

2・3・4
「(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン」

f:id:hukusyu:20180719210438p:plain

1
「いくら、お互いのことを話し合っていて全部知っているからって、」
「ネットの相手を、最初っからそこまで丸々と信用していいもんなの!?」
「ほんと信じらんな~い!」

f:id:hukusyu:20180719210433p:plainf:id:hukusyu:20180719210440p:plainf:id:hukusyu:20180719210439p:plainf:id:hukusyu:20180719210446p:plain

2・3・4、ハネツキ博士
「(´・ω・)(・ω・`)ネー」

f:id:hukusyu:20180707174751j:plain

ショコタン
「・・・(´ー`;)」


終始、無言で↑こんな表情になっていたわたくしwww

途中でよっぽど、「あ、私オンゲやってますよ? '`ィ(゚д゚)/」とか言おうかなとも思ったんですが(ネタ提供的に)、なんとか最後まで呑み込んで耐えましたw


オンラインって本当にそういうもんなの!?
あーなの?こーなの?どーなの!?という、マリーン勢の集中砲火に遭う未婚っ子。


…職場の方々ね、ほんとマジで、揃いも揃って皆マリーン体型なんですよ…。
誇張でもなんでもなく。
マリーンが4人いるw

魔物姿じゃない方の賢者マリーンにしなかったのは、リィンへの私の配慮です(`・ω・´)キリッ(←どこがじゃ


…私?
私はほら、もうほんと、このまんまの姿ですよ。
リアルショコタン=キャラショコタン。
いやマジ、ほんとだってば。少なくともマリーンではない。

f:id:hukusyu:20180707174823j:plain
↑近影。


私はこの話題の間、ほぼ何も話さずただ笑って話を聞いていただけでした。
下手に発言しなくて正解だったなw
1人だけシラフで良かった…。


その後マリーン達は、

「前うちにいた□□さんも、オンラインゲームで会った人と結婚したって言ってなかったっけ?」

「言ってた言ってた。□□さんの子供って◯◯幼稚園だったっけ?今何歳?」

「□□さんちって住所◯◯?」

と、マリーン1の娘の同級生の母親についての詮索で盛り上がってました…(´ー`;)



「オンラインって本当にそういうもんなの!?」

→そういう部分も、あるね。

お互いのことを話し合って全部分かり合えている、っていう部分ね。


あることにはあるけど、全部がそうとは言わない。
嘘もすごく多く含まれている。

嘘を嘘であると見抜ける人でないと…ってか。
テキストだけの会話をまるっと鵜呑みにするも、話半分に聞いてさらりと流すも、自分次第。
相手を恋愛対象として見るも、頭のてっぺんからつま先まで信用して裏切られたと後で泣くも、どのような結果になろうと最終的には自己責任。


マリーン1や、オンラインの世界の経験がない大勢の人にとっては「信じらんな~い!」な感覚なんだろうけど、やってみれば分かるよ、と言いたい気持ちもどこかある。(やれとは言わないしオススメも特にしないけど…


テキストの会話で分かり合えている!といくら豪語したところで、相手にどこか男女の姿を見ている限りは、見た目のギャップ(キャラの容姿⇔リアルの容姿)の問題は越えられない。
キャラ同士・キャラの姿で会話していると錯覚しがちになるけど、相手の本当の顔はそのキャラの顔ではない。
脳内ではキャラの顔=相手の本当の顔みたいに、いつの間にか思い込んでしまうけどね。

実物(リアルの人)に会うとして、そのキャラの見た目そのままの人が登場するわけじゃない。
容姿、声のトーン、話し方、物腰。
脳内で思い描いていた通りの人にはならない。

それを乗り越えて結婚できた、マリーン1の娘の同級生のお母さんは、ある意味幸せだったのかもね。


DQ10以外にもオンゲの経験があるという私のあるフレが、「俺の周りにもオンゲつながりで結婚した人何組かいるなー」と言っていた。

私の周りには、いないな。1組もいない。
オンゲやってる友達なんて、少ないからな。
少ないっていうかゼロだなぁ。がっつりゲームやるような友達自体がまずいない。

私自身、ドラテンフレとリアルで会ったことが一度もない。
会う?という話題に一度もならなかった、というのが理由である。
実際の顔を知っているフレは、一人もいないな。


今参加しているルームでは、主ともう2人のメンバーが比較的近所(車で移動可能な範囲)に住んでいるようで(申し合わせたわけではなく本当にただの偶然らしい)、そこら辺の情報を出し惜しみしない3人が「どこどこの何々っていう店が~」なんてよく会話しているのだけど、何を隠そう、私も実はその近所であるww

でも、「私もそこら辺に住んでるよ!」とは言っていない。
別に隠す理由も特にないけど、逆に言えば、自ら公表していく理由も特にない。


キャラ同士だからこそ、相手を簡単に好きになったり気に入ったりしやすいというのもきっとあるよね。←恋愛要素関係なくね。
見た目がすごくヘンテコなキャラを作る人なんて、そうそういないじゃんか。たまには例外もいますから、ゼロとは言わないけど…(・∀・;)
たいていの人は、キャラは自分の理想像に近付けるように作ったりするもんじゃない?
「こうだったら可愛いな・カッコイイな」とか。

ドラマや映画の登場人物が美形しかいないのと同様だよね。
仮想世界の中でくらい、理想の自分でありたい。

そうやって似たような美形ばかりが溢れる世界だからこそ、「中身で勝負!」じゃないけど、文字だけで交わす会話の中身で相手を判断する。


自分の言葉のみが相手に与える印象のほぼ100%を支配するので、いわゆる「見た目じゃないの、中身が好きになったの…(/ω\)」的なことが起こり得るんだろうな。
あながち嘘じゃない、と思う。
外見的な先入観なしに内面の善し悪しを測ることが出来る、とも言える。


ドラクエの世界で知り合った友人たちの中には、「ドラクエをやらずにただ過ごしていただけなら絶対に出会わなかっただろうな」という人も多い。


暮らしてきた場所。
通っていた学校。働いてきた職場。
生い立ち。過ごしてきた環境。
そこで形成された人格。考え方。

それまでの私のまま過ごしてきたら、まず絶対に、どこにも接点がなかったであろう人物。
一生出会わなかったであろう、すれ違うことすらなかったであろう人物。
こんな人たちと出会えることが、数多くある。


そしてそんな友人たちからは、刺激を受けることが多い。
何せ、それまで生きてきた道のりがまったく違うのだ。
自分からはとても生まれないであろう考え方や、見習うべき行動を目の当たりにして、驚いたりする。

そんな風に尊敬できる友人たちと出会えたのは、ドラクエをやっていたからこそなんだろうな、と思ったりもする。
とても貴重な縁だ。



「オンゲ婚の知り合いがいる」と言っていた先ほどのフレとの会話で、オフ会とか行くの?って話になった。

行かないよ。行ったことない。
呼ばれたこともないし。


「キャラ同士だからいいんだよ」

相手のキャラのイメージを壊したくないし、相手から自分へのイメージも壊されたくない。


キャラだからこそ好きでいられる部分もある、というような事を言うと、

「そりゃそうだなー、俺も、リアルしにたんがボブのエルフじゃなかったりしたら…」
「ショックだw そんなのしにたんじゃない!」

とか言うので笑ってしまったw



オフ会とか出来る人が羨ましい。すごいなって思う。
リアルで会っても関係が続くだなんて幸せだな、と。(←男女関係なく、ですよ


私はチキンだから、どうしても嫌われる可能性を真っ先に考えてしまう…。

相手が同性だったら少しはハードルが低いのかなw
でもやっぱり、それはそれで勇気が要るなぁ(´・ω・`)


自分に自信が持てる人間だったとしたら、リアルで会うことも苦にならないのだろうか?


…などと、数ヶ月前の飲み会ネタを思い出しながらボンヤリと考えたりもする(・ω・)

自分にないもの

先日、むらはる様と初めてドラクエ内でお会いすることが出来ました。

f:id:hukusyu:20180716132000j:plain

前にも書きましたけど、むらはるむいが大好きで、ブログとむらはる様のファンなのです。
(ご本人がブログで名前も公開されているので、こうしてブログ&Twitterでも顔とお名前は加工せずにそのまま出させていただいております。


かねてよりTwitterでお話しさせていただいたりなど、懇意にしていただいていたのですが、まさか本当の本当に、こうしてご本人と会える日が来るとは…Σ(゚Д゚;)
夢のようでした。

f:id:hukusyu:20180716132001j:plain

f:id:hukusyu:20180716132002j:plain

f:id:hukusyu:20180716132003j:plain

興奮しすぎてTwitterにも写真を上げ、日誌にも同じ写真を上げてTwitterとまるで同じ内容を書き、今こうしてブログにも同じ写真を上げていますw
全部見てくれている人にとっては「何回同じこと書くんだよ!(゚Д゚)」となりますね(´ー`;)サーセン


2015年の7月の終わりに旧キャラでドラテンを始めて、2016年の2月末にそのキャラは死にました。
発作的にほぼ勢いだけで消したようなものだったので、依存心がしばらく抜けきれていませんでした。
実際にドラクエやっていた間は情報収集なんて一切しなかったし(フレから口コミで聞く情報くらいしか収集元がなかったw)、ブログなんて1つも見ませんでした。
それなのに、ドラクエをやめた途端にドラクエのブログを片っ端から見るようになります。

全部のブログを見たわけじゃないけど、ブログって何と言うか、自分との相性のようなものがあって。
数記事目に通しただけでも「あ、これもういいや」となって見ることをやめてしまうブログも、結構あるんですよね。
文体とか、そこから感じ取れるその人の考え方とか性格とか。
内容はすごく面白いことを書いているんだけど、私には合わなかった…というようなブロガーさんもいました。(DQ10ブログ界ではものすごく人気の方だったりします、でも自分には合わないという。


逆に、「うお!なんだこの人はっ、すげーな!Σ(゚Д゚)」となって、最初から最後まで全部読んでしまうブログもあるのです。
それが、むらはるむいだったんですよね。

かなり長い期間継続して更新されていたので、2016年当時に読むと古い記事もあるんだけど、内容の古さなんて全然感じないほどにどれをとっても面白い。
何日かに分けて、一番最初までさかのぼって全部読みました。2周・3周としました。
毎日の通勤時間の閲覧タイムが本当に楽しみだった。


でも、「ネタが面白い」という理由から好きだという訳ではないのです。
当然ながらネタは全部面白いしクオリティも高いんですが、好きなポイントはそこではなくて。


楽しいことしか書いていないところ。


ここが本当に、素晴らしいよなって思うのです。

Twitter見ててもそうなんですが、いつも楽しいこと、前向きなことしか発言しないのです。
悪いこと・嫌なこと・黒いことは一切言わない。
ブログにもTwitterにも、ご本人の人柄がよく表れています。


私はどうしても、それが出来ません。
ご覧の通り、黒い感情・愚痴・ネガティブ成分、そのまんまにアウトプットしてガス抜きをしないと生きていけないタイプですw

きっと本来こうあるべきなのだろうな、といつも思います。
ブログには楽しいことをたくさん書かないといけないよね。
楽しく遊ぶゲームの話なんだしさ。


むらはるむいを読んでいると、見ているだけでほっこりするのです。
見るだけで幸せになれる。
幸せを振りまく能力を持った人。


なので、非常に非常~~~~~に尊敬するのです。
自分にないものを持っている人は、すごく尊敬する。
そして、そういう尊敬する人を見ているのが私はすごく好きです(´ー`*)
そういう人を見ながら、自分も追い付けたらいいな~もっと成長できたらいいな~、と追いかけることが好きなのです。(実際に追い付けるかどうかはさておき


あとね…蛇足かもしれないけど、むらはるむいの記事、1つ1つがめっちゃくちゃ手が込んでるんですよ!
あれ作るだけで相当な時間かかりますよ…一応はこうして書いている身だから分かるっ。
しかもあのクオリティで、連日更新とか…スゴすぎる!Σ(゚Д゚)


旧キャラを消した後に初めてむらはるむいの存在を知ったので、かなり後悔しました。
もっと早くに気付いていれば良かった。
そうすれば、まだ自分が生きていた頃にお会いしたりお話ししたりするチャンスもあったかもしれないのにな、と。

でも…死んでしまったキャラなんで、それは叶わない願望でしたから、1ファンとしてこっそりと応援し続けていました。


そして1年半が流れ、新キャラにてまさかの復活。(2017年8月下旬
↑実際に課金を始めたのは10月からです、まる1ヶ月くらいは体験版で遊んでただけ

しばらくは自キャラ強化にひたすら励むだけの毎日だったんですが、それが落ち着いた頃のある日、ふと思い出したんですよね。
そうだ!辞めてた間には行きたくても行けなかったむらはるさん家に、今なら行けるではないか!と。


中略)…で、今に至ります。

↑経緯を飛ばしすぎなんですけど、あまり詳しく書くと同じことをする人が出てきたりしたら、むら様に迷惑がかかりかねないので!
詳細説明は控えさせていただきます。


そんなこんなで、とてもありがたいことに懇意にしていただいております。
こんな光栄なことはないですね…だってこっち、単なる一介のファンにすぎませんよ?
ただの(キモめ成分割かし多めな)ファンにここまで優しいだなんて…どんだけ神なんじゃーい。


最近、不定期ながらもたまにインされていて、少しお話ししたりとか、タイミングが合えば一緒に遊んでいただいたりなどするのですが。
ブログで見たまんま、イメージ通りそのままのお人柄でした。

私が何かしていると、いつの間にか同じサバの同じ場所にいて、気付けば後ろに立っていたりとかしてΣ(゚Д゚;)
先日はフレと4人でイカに行こうとしていたところ、急に横に現れて「勝つ!」と白チャで発言し、そのまま1人で海冥の彼岸に突っ込んでいきましたw
後でフレチャで聞いたら「2パンまでは耐えられた」と言っていたので笑いましたww
おちゃめ…(^ω^;)

f:id:hukusyu:20180716132004j:plain

「なんかもうね神が神すぎて」
私こんなミジンコみたいなもんだし…神とミジンコだよ?
っていう話をよくフレにするのですが、ある1人からすごく怒られました。

自信が持てないのは仕方ないし、持てとは言わないけど、自分を卑下しすぎるのは良くない。
せっかく神が対等に見てくれているのに、その行為は神に対して失礼じゃないのか?
逆だったらどう思う、ショコタンが神で向こうがミジンコだったとしたら?
相手が同じことを言ってきたら、失礼な奴だなと思わないか?

…と、こんこんとお説教されました(´・ω・`)
「リアルだったら2時間お説教コースだw」と言われたんですが、リアルではなかったですけど結果的に1時間近くはお説教されていました(´_ゝ`)
どう頑張ってみても「自分が神で向こうがミジンコ」という状況があり得なさすぎて、私にはそれを思い浮かべることが出来ず、無理な例題でしたが!



・・・まあともかく、少しでもお話しできるだけでも私は幸せです。
何と言うか、一緒に組んで遊ぶのも当然嬉しいんですが、チャットで会話している時の方が実は嬉しかったりしますw

むらはるむいには明るく楽しく前向きなことしか基本載っていないのですが、たまに、「実はこう思う」みたいな本音がポロッと書いてある部分があって。
そういうところを見て、むら様でもそんな風に感じることがあるんだねやっぱり、と変に安心したりすることがあるのです。
神だ・神だ、とさんざん連呼してますけど、神もやっぱり1人の人間であった。

そういう「人間の部分」が、彼が書かれたものを一方的に読むだけではなく実際にお話ししてみると、なんとなく伝わるところがあって、こうしてお話しできて良かったな、としみじみしたりします。


たぶん今日のこの文も読んで下さると思うので、普段はなかなかお伝えする機会のないことを、こうして長文にて表現させていただきましたw
いつも一方的にお褒めいただき、ひぃ~穴があったら入りたい…となっているので、反撃を…( `ー´)ノ

次回インされたら、また遊んでください(=゚ω゚)ノ